中古マンションの相場を知る方法<TERASS Channel>

相場を知る方法記事のアイキャッチ画像

不動産業界を知って上手に家探しをするヒントをまとめた動画「TERASS Channel」の「中古マンションの相場を知る方法!」編をピックアップします。

中古マンションの購入の際にもっとも頭を悩ますのが価格の妥当性。この物件の価格は妥当なのか、高すぎるのか、、

そこで、今回は物件価格の妥当性を判断する際の手段について紹介します!

適正な価格を見極めて、満足する住宅購入につなげましょう。

1.不動産会社に聞く

成約事例から大体の価格の相場観を見ることができます

レインズ(仲介業者間ネットワーク)物件の成約価格が登録されます。

直近で同じマンションの近しい部屋がいくらで売れていたか分かるケースがあります。そこで価格を部屋の広さで割ると平米あたりの価格がわかり、そのマンションの大体の価値がわかってくる。例えば一階上にあがるとどれくらい価格が上がるのかという計算もすることができます。 

しかし!不動産会社のエージェントは忙しいです。 エージェントにあまりに頼りすぎるのもよくありません。

中古マンション 相場

不動産会社になんでも聞きすぎると嫌われてしまい、サポートしてくれなくなることも・・

2.自分で相場を調べる

個人で相場を調べるのに便利なサイトを2つご紹介します。

・マンションマーケット

 【マンションマーケット】中古マンションの売却・購入・価格相場サイト

・IESHiL(イエシル)

中古マンションの購入・売却ならIESHIL(イエシル)

今まで世の中に出回った情報を全て蓄積、ビックデータ分析して出してくれるのでそのマンションの価格がいくらくらいか分かるというものです。

しかし、20~30くらいの小規模なマンションは事例がなかなかたまりにくいため、数字に幅が出てしまいます

不動産会社から成約事例を教えてもらい金額を聞いて見極めるのが1番良いですが、それが難しい場合はマンションマーケット、IESHIRUなどのサイトを見ていきましょう。 

<リノベーション、リフォームしている場合>

リノベーションやリフォームによって価値を上げているので、周辺相場からは離れてきます。その場合の相場は、

「売値+リフォーム代」を計算することで求められます。

リフォーム費用がいくらかかるのかを考えるのが大事になります。

業者によるリフォームであれば、1平米あたり6~7万をかけているのではないかという見立てが立てられます。

ex.50平米のマンションでは50平米×6万=300万のリフォーム代が乗っているということを考慮しつつ、もともとの価格+300万の相場観よりも高いのか、低いのか、それ通りなのかを見極めながら買い時かどうかを見るのがオススメです。

※個人でフルリノベーションしている場合、さらに施工費が高い場合あり(~20万/㎡等)

ただし、物件というのは同じものが二つと無いユニークなものです。自分の気に入った物件に出会った時は多少高くても、買ったほうが良い場合もあります。

中古マンション 相場

自分のお気に入り物件を大切にしつつ、客観的に相場と照らし合わせるのも大事。

 

 動画はこちらです!


中古マンションの相場を知る方法!|中古マンション|不動産相場|マンション購入|不動産投資|リノベーション|TERASS channel