毎日スッキリ目覚めてますか?寝具選びから始める新しい暮らし

寝具の選び方

たっぷり寝たつもりでも、疲れが取れない。5分おきにセットしたアラームもいつの間にか止めていた・・・そんなことはありませんか?
住宅購入とともに寝具も新調する人が多いです。
「眠り」の大切さ、忘れがちですが、見直すとあなたの毎日が激変するかもしれません。

眠りが変わると、あなたの生活はここまで変わる

成人であれば、睡眠時間が1日7時間の場合死亡率が低く、理想と言われています。*1
しかし現在、日本で平均睡眠時間が7時間以内の人は72.5%も。*2
睡眠不足は自律神経のバランスが乱れ、ストレスを感じやすくなるとともに、免疫力も下がると言われています。
平均的な睡眠時間が7時間未満の人は、睡眠時間が8時間以上の人と比べ2.94倍も風邪を引きやすくなるというデータが。*3
同様に「よく眠れない人(中途覚醒が8%以上)」は「よく眠れた人(中途覚醒が2%以下)」に比べ5.2倍も風邪を発症したことから、睡眠は量・質ともに私たちの身体に大きな影響を及ぼしていることがわかります。
また、悩まされている人も多い肩こりや腰痛も、寝具が大きく関係しています。
身体に合っていない寝具を使い続けると、腰が沈み込んでしまったり、肩こりを発症してしまうのです。オーダーメイドの枕にした瞬間目覚めが良くなった、なんて話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

あなたに合った寝具の選び方

では寝具ごとに、体質にあわせた選び方をみていきましょう。

高級 枕

枕の素材別の特徴はこちら。

ダウン(羽毛) 軽くて柔らかく、クッション性が高い
パイプ 通気性・耐久性抜群。しっかりした使い心地
低反発ウレタンフォーム 肩首をやさしく支える。フィット感が高い

素材を選ぶ一番のポイントは「好みに合った素材を選ぶ」こと。
実際に店頭で触ってみて、お気に入りの素材を見つけましょう。
そして高さも重要なポイント。 こちらも好みがありますが、横になった時首とベッドの隙間を埋めるくらいの高さが理想です。
男性や横向き寝の方は高め(頭を乗せて沈んだ状態で2~5cm)、女性や仰向け・うつ伏せ寝のかたは低め(頭を乗せて沈んだ状態で1~3cm)が良いでしょう。

マットレス

マットレス 高級

マットレスの素材別の特徴はこちら。

  かたさ 寝返り
低反発素材 やわらかめ あまり打たない人向け
高反発素材 かため 打つ人向け

マットレスも、どのタイプが身体にフィットするのか実際に寝心地を確認しましょう。
立っているときよりも体が少し伸びたような姿勢が理想
ポイントは横向きでも寝てみること。
寝返りを打った時、ストレスなくスムーズに動けることが大事です。

ベッドパッド

ベッドパッド  石田屋

ベッドパッドの素材別の特徴はこちら。

ウール(羊毛) 弾力性があり保温性・吸湿性が実現
ポリエステル すぐ乾き、頻繁に洗いたい方に
麻わた 熱がこもらず夏や暑がりの方に

マットレスの上に敷いて使用するベッドパッド。マットレスの保護だけでなく寝心地の調整もできるため、季節によって使い分けるのがおすすめです。

掛け布団

高級 掛け布団
掛け布団の素材別の特徴はこちら。

羽毛 軽くて暖かい
羊毛 季節を問わず使える
シルク 肌触りが良い
ポリエステル 低価格・ホコリが少ない

素材もさることながら、掛け布団はサイズも重要です。
シングルベッドならシングルの掛け布団、と思いがちですが、
基本的にはベッドの1つ上のサイズの布団がおすすめ。 
寝返りを打つと隙間ができるため、特に冬場は眠りの妨げになってしまいます。
またダブルやクイーンサイズのベッドに2人で寝る場合は、相手の寝相が悪いと布団が剥がれてしまいます。シングルを2枚用意すれば快適に眠れるかもしれません。 

寝室をアップデートするには?

サイズ別の使用感の違いはこちら。

  サイズ おすすめ人数 サイズ感
シングル 幅97x丈195 cm 大人1人 一般的
セミダブル 幅120x丈195cm 大人1人 寝返りに余裕
ダブル 幅140x丈195cm 大人2人 一般的
クイーン 幅160x丈195cm 大人2人+子供1人 大人2人仕様だとゆったり
キング 幅180x丈195cm 大人2人+子供1人 大人2人仕様だとゆったり

ベッドはただ寝室に置ければいいという訳ではありません。
ベッドメイキングや掃除など、スペースに余裕を持たせる必要があります。
また、ベッドフレームは表記が同じでも種類や会社によって幅サイズが異なります。
表記を見るだけでは無く、必ず実際のサイズも把握しておきましょう
部屋サイズに合う商品を選ぶことが何より大切です。      

高級寝具店リスト

ここでは、都内に店舗があり、総合的に揃えることができる寝具店を紹介します。

東京西川 

東京西川

ふとん(布団)などの寝具なら西川公式サイト

創業1566年の寝具の老舗。自社の睡眠研究所を持ち、睡眠科学やライフサイエンスの観点から寝具を作っています。
「ねむりの相談所のサービス」では、スリープマイスターと呼ばれる睡眠のプロに、一人ひとりにフィットした上質な睡眠環境を提案してもらえます。

寝具御誂専門店IWATA 東京

寝具御誂専門店IWATA 東京

高級ベッド、羽毛布団、マットレスの株式会社イワタ【IWATA】

京都に本店があるIWATAは、東京では新宿で購入することができます。
こちらも自社の睡眠研究所を持っています。社長自ら眠りを研究し、著書も多数。
その知見を活かしたヒット商品が多数揃っています。
2008年度グッドデザイン賞受賞。

airweave(エアウィーヴ)

エアウィーヴ

airweave(エアウィーヴ) | 公式サイト

高級マットレスパッドメーカー。トップアスリートや、高級ホテル・旅館、エアラインなど質の高い眠りを求める多くの人々に愛用されています。
マットレスだけではなく、布団、枕、クッションやパジャマまで総合的に取り扱っています。

SIMMONS(シモンズ)

シモンズ

Simmons(シモンズ)| 人生を変えるベッド・マットレス | 「世界のベッド」として愛されるベッドブランド、シモンズの公式サイト。美と健康を得るためのベッドのこだわりや、「睡眠」に関する知識などの他に、全国で開催しているベッド(マットレス)展示会などイベント情報も掲載

1870年アメリカで誕生したベッドメーカー。
独自のテクノロジーで作り上げた「ポケットコイルマットレス」など、高いブランド力を持つ高級ベッドを主力商品として取り扱っており、高級ホテルや百貨店などで選ばれています。デザイン性・機能性ともに優れたリネンのシリーズも人気。

フランスベッド

フランスベッド

フランスベッド株式会社

高密度連続スプリングマットレスを国内で唯一生産しているベッドメーカー。
安心・安全の日本製で、独自の厳格な規格を制定し、様々な視点で耐久テストを実施しています。
数多くのホテルに選ばれ、ホテル・旅館に対する調査でも顧客満足度でトップに立つなど高品質の製品が揃います。

Sealy(シーリー)

シーリー

最高級マットレス・ベッドのグローバルブランド シーリー(sealy) 公式サイト

1881年アメリカで誕生したベッドメーカー。
業界に先駆けて整形外科医と連携を図り、1989年の「ポスチャーテックコイル」の開発をはじめ、独自の画期的な技術を次々に商品化してきました。
どんな体型や体重の方にも、つねに理想の寝姿勢をサポート。
さらにその技術をベースに、「タイタニウムコイル」や「センターサポート」なども新開発。
世界中の一流ホテルにも選ばれている、快適な眠りを実現します。

 

エージェント提案型家探しサイト「Agently(エージェントリー)」では、

「キングサイズベッドが入る寝室がほしい」、「寝室が廊下に面していない間取りがいい」など、検索できない住まいの希望がある方でも、望みの物件提案を受けられます。

ご登録はこちらから。

*1:JACC Study 2009年 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19294949

*2:厚生労働省 平成30年「国民健康・栄養調査」https://www.mhlw.go.jp/content/000615345.pdf

*3:Sleep habits and susceptibility to the common cold’ Arch Intern Med. 2009 Jan 12; 169(1): 62–67