<ハイエンドリノベーション事例>徹底して自分好みを貫いた“一点モノ”部屋

f:id:yasuhiroyokota_terass:20190903164737p:plain

今回取材したリノベーションマンションは、渋谷・表参道エリアに建つ築年数約20年のマンション。

リノベーションマンションと言うと、設計事務所などに「このような家にしたい」と要望を伝え、その要望を汲取った設計事務所がデザインを制作、その後予算と相談しながら素材・建材・設備を選んでいく工程を想像する方が多いでしょう。

まさに前回ご紹介したお部屋は、その方式でした。

terass.com

 

ところが、今回の事例は家主が”コンセプト・デザイン・資材選び・設備選び”などを全て自分主導で探し、選んだという、工程からオリジナルの“一点もの”部屋。

「お任せする」だけでは得られない満足度と、資産性を見据えた”一点モノ”の戦略性について、お話を聞きました。

 

<リノベーションプロフィール>

  • 所在地:渋谷区
  • 広さ:約60㎡
  • 間取り:2DK+S→1LDK
  • 築年数:約築20年

家主はなんと学生時代から不動産を購入し、運営をしていたそう。その過程でリノベーションによって不動産の価値が上がることを実感。今回のリノベーションをきっかけに、物件選定だけではなくリノベーションや設計、デザインなどまで勉強したという力の入れよう。

リノベーションマンションのリビングルームアイキャッチ

本当に自分が気に入ったものだけを採用したというリビングルーム

テレビ台とスピーカー付近

テレビ台や壁、テーブルの高さなどをみると、白いスピーカーを引き立てるよう調整してあるのがわかる

Q.コンセプトはどこから着想しているのでしょうか?

A.テレビの両脇にある白とシルバーを基調としたスピーカーがすごく気に入っていて。フランスのDEVIALET社のスピーカーなのですが、マンションの購入を決めた時点で、このスピーカーを中心にリノベーションをしよう、と決めていました。このスピーカーに合う部屋にすることを起点に、天井や壁紙、テレビ台やテーブルなどを全て決めています。

TVの配線が目立たせないように壁掛けにしたのもそのため。TV台もスピーカーの配色に合わせ、天板がシルバー、側面が白のものを探しました。

TV背面の壁は巨大な1枚板を組み合わせていて、直線的でフラットな印象にすることでスピーカーの丸いフォルムが引き立つよう、意識しています。これを見つけるまでかなり苦労しましたが…

Q.もともとはファミリータイプだったとのこと。その割に、お部屋がスッキリ見えます

A.間取りについては、リノベーション前は2LDK+Sといわゆる都心の一般的な二人暮らし・ファミリー向けマンションの間取りでした。ただ私は単身なので、自分に合わせてかなり変更しています。リビングとダイニングの間に壁があったので取払い、キッチンも吊り戸棚は取って開放的にしています。 

リノベーションマンションのキッチン

ステンレスのダクトが見える開放的なキッチン。調理家電も赤で統一され、インテリアの一部になっている

 

また、玄関を入ってすぐのところにサービスルームがあったのですが、取り払って玄関を拡張し、一角をシューズインクローゼットにしました。靴のほかにもアウターをかけるハンガーを置いたり、スーツケースを置くのに使っています。外出時に必要なものをまとめるスペースがあると、他の部屋もスッキリするので、変えてよかったです。

玄関横の広いシューズボックス

玄関スペース脇にあったサービスルームをオープンなシューズインクローゼットに

リノベーションマンションのリビングルームとバーカウンター

照明をなるべく壁際に寄せることで、空間の広がりが出る

空間を広く見せるために照明の位置を壁際に寄せたり、天井の凹凸を無くしシームレスに空間が繋がるようにするなどの細かい工夫もしています。

Q.このシャンデリア、個人的に気になります…!

A.これはジノ・サルファッティの名作シャンデリアのジェネリックですね。ジェネリックでなければかなりの高額だったと思います。こんな風に一つ一つ自分で探して調達しているものもあるので、色々と手を加えてはいても、全てにものすごくお金をかけている、という訳ではないんですよ。

ジェネリック家具のシャンデリア

ミッドセンチュリーの名作シャンデリアのジェネリック(※医薬品と同様、意匠権の切れたデザイナー家具を正規以外のメーカーが復刻で生産したもの)が、寒色中心のリビングルームに柔らかな印象を加えている)

 

このバーカウンターも、遊びにきた友人には驚かれますが、ネットオークションで購入したので通常よりはかなり安く入手できています。理想を詰め込んだ家ですが、自分で提案したり、手を加えている部分は多くて。ベランダの花壇も、自分でプランターや土を買ってきて並べたりしました(笑)。

リビングの一角のバーカウンター

部屋の一角には、バーカウンターが。お気に入りのグラスやお酒がずらりと並んでいる

バルコニーにはソファを置いてくつろぎのスペースに

ルーフトップバーのようなソファつきのバルコニー

Q.換気口も、珍しい形をしていますね

A.そうなんです。これも自分でかなり探して、付けてもらいました。せっかくこだわったリビングでも、こういう機能的な部分はそのままになりがちで。部屋の雰囲気に合うものを探し出しました。

リノベーションマンションの換気口

リビングルームの雰囲気に合わせて替えたステンレス製の換気口

他にも、トイレや通路などの壁紙も自分で選んだものに変えています。
高級品の壁紙は繊細で地の壁の凸凹を拾いやすいので、従前の壁紙をはがしてその上に貼る、というだけでは綺麗な仕上がりにはならないんです。そのため、壁や天井などは壁紙の本来の美しさを活かせるよう、一度全て解体して造作し直してもらいました。

グレーのタイルが貼られている洗面台

洗面の奥は通常白い壁紙であることが多いが、部屋全体のトーンを統一させるため、グレーのタイルを貼った

 

細部にわたって込められた家主のこだわりを聞くと、プロにお任せするだけでは実現できない理想もある、ということを気づかされます。

真の理想を実現するには自らインプットをし、足を使って探す労力も必要かもしれませんが、その先の日々の暮らしで得られる満足を知っている家主にとっては、一つ一つを選ぶ手間こそ、楽しみの一つなのです。


<都心でのリノベーション事例を取材させてください!>
都心のマンションの自慢のハイエンド・リノベーションの事例を募集しています。素敵なリノベ部屋にお住まいの方は、こちらまでご連絡ください。
info@terass.com
専属カメラマンが撮影する取材の写真をプレゼントいたします!