住宅ローン

リーマンショック後の相場から学ぶ|コロナ後の「家の買い時」はいつなのか|TERASS CEO 江口亮介

この記事の前提 コロナショックの現状での住宅相場の影響は? 建設・ディベロッパー 仲介 不動産ポータルサイト リーマンショック後は、いつが"買い時だった”のか リーマンショックとコロナショックの違いは? 不況の発生メカニズム 金利状況(10年もの日本…

”購入前”に要注意!リノベ初心者が失敗しやすい5つのポイントをリノベのプロに聞いてみた

中古マンションは築年数も部屋の中の状況もまちまち。リノベーションはまず物件を決めてから考えるという人も多いのでは? 「実は、中古リノベには住宅を買ってからでは遅い“盲点”が複数あるんです」というのは、「リノベる。」が展開する都心専門のプレミア…

住宅ローン12銀行 最新金利を比較!|2020年2月度

毎月の支払額に大きく影響する住宅ローン金利。現在はマイナス金利政策により未曾有の低金利時代となっていますが、10年国債の利回り(長期金利)が過去最低金利マイナス0.295%を記録した昨年9月を底に、今年1月には三井住友銀行とみずほ銀行、りそな銀行の3…

賃貸 vs 持ち家。どっちがお得?【1つの答えをお伝えします】<TERASS Channel>

不動産業界を知って上手に家探しをするヒントをまとめた動画「TERASS Channel」の、「賃貸 vs 持ち家。ドットがお得?【1つの答えをお伝えします】」をピックアップしていきます。 今回は、「借りて住み続けるのと買うのはどっちがいい?」という永遠のテー…

【After2020】東京の住宅購入はオリンピックを待つべきか、今買うべきか|TERASS CEO江口

いよいよはじまった東京五輪イヤー。この数年で住宅購入を検討される方やメディアからもっとも聞かれた質問といえば「五輪前に買ったほうがいいのか?終わるのを待ったほうがいいのか?」でした。 これについては専門家でも意見が分かれているところですが、…

税制大綱2020が発表。期限が迫る!住宅購入のおトクな制度

※追記:2020.1.23「海外不動産への投資による節税ができなくなった」を追記しました 2019年12月12日、2020年度の税制改正大綱が発表されました。住宅関連においては既存の制度の延長が多いためかあまりニュースにはなっていませんが、2020年以降に家を買おう…

住宅ローンに必須!今さら聞けない「団体信用生命保険 ”団信”」

団体信用生命保険とは?住宅ローンに必須の保険 誰しもが加入できるわけではない 保障内容と加入条件 住宅ローン利用時の注意点 団体信用生命保険とは?住宅ローンに必須の保険 中古マンションの購入を検討する際に、「自分が万が一死んでしまったらローンの…

<住宅ローン>保証料、融資手数料 どう選ぶのがトク?

住宅ローンを借りる際には、「ローン保証料」または、「融資手数料」が必要になります。 金融機関によって取り扱いが異なるため、単純に比較できず複雑に感じてしまうかもしれませんが、どちらのタイプであっても、金利以外にかかるまとまった費用となるので…

<住宅ローン>元利金等返済と元金均等返済、どっちがトク?

執筆/伊藤加奈子ファイナンシャルプランナー。マネー誌『あるじゃん』や住宅関連誌、ライフスタイル誌などで活躍。著書に『私、50歳で沖縄に移住しました』(学研プラス)など。 住宅ローンの返済方法は、自分でカスタマイズしよう 毎月の返済額がずっと同…

<住宅ローン>固定・変動・固定期間選択型 金利タイプ、合うのはどれ?

日銀のマイナス金利政策が導入されて以降、銀行の預金金利は限りなくゼロに近い金利にまで低下。一方で、住宅ローン金利は、過去最低水準まで下がったため、上げ下げはあるものの、ここ数年住宅ローンを借りた人は超低金利の恩恵を受けています。 当面は、低…

<家を買うとき>減らせる税金、もらえるお金

家を買う時や買った後に、税金を減らせる制度があります。どんなケースでどのくらい減らせるのか、見ていきましょう。 住宅ローンの残高に応じて税金が戻る“住宅ローン控除” 控除される額は最大400万円 2019年10月〜2020年12月末までに入居の場合はプラス3年…

定期借地権マンション購入の意外なメリット・デメリットとは?

都心で物件探しをしていると、時たま見かける「定期借地権付きマンション」。 一般的な分譲マンションと異なり、50年などの長期で土地を借りてマンションが建設されている、という特徴をご存知な方は多いでしょう。 所有できる期間に限りがあるという特徴か…