美しく暮らそう。ハイエンド不動産メディア。

四ツ谷・新宿


広大な公園がある懐かしくて新しい街

四ツ谷駅から新宿御苑にかけての一帯は住環境が整ったエリアだ。高層ビルが立ち並ぶ中にノスタルジックな街並みが広がり、暮らしに安らぎをもたらす緑は、新宿御苑とともに四谷の外濠公園にも求めることができる。その四谷では再開発が進み、生活に必要な機能がより充実する見込みだ。教育環境も整い、ファミリーに住みやすい街へと発展している。

  • #METROPOLIS

  • #HISTORICAL URBAN

  • #PARK LIFE

  • #EASY TO COMMUTE

  • #GOURMET

ASSET VALUE

リセールバリューも、利回りも高め

HISTORY

歴史ある都市機能の要衝

LIFE STYLE

子どもの成長を穏やかに見守れる住環境

ASSET VALUE

リセールバリューも、利回りも高め

エリア 四ツ谷・新宿 青山 赤坂 番町 代官山
中古平均坪単価

374万円

431万円

604万円

581万円

-

築10年リセールバリュー

112.69

104.09

114.19

122.19

-

築10年利回り

4.09%

4.09%

3.50%

3.40%

5.00%

築10年平均占有面積

72.30㎡

97.69㎡

92.00㎡

79.09㎡

170.19㎡

データ提供 : 東京カンテイ

各種データの算出方法


リセールバリューデータの集計条件

2007年4月~2010年3月に新規分譲され、2018年4月~2019年3月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

利回りの集計条件

2016年4月~2019年3月までに発生した中古流通売事例および賃料事例から利回り、平均専有面積を算出。

築10年:築9年超~築12年未満の中古流通売事例と賃料事例。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

リセールバリューと利回りが双方高めであることが、このエリアの特徴と言えるだろう。四ツ谷周辺は今後の再開発で一層期待が高まるエリアでもある。

HISTORY

歴史ある都市機能の要衝

広大な都心の緑地「新宿御苑」(内藤町)は、高遠藩内藤家下屋敷跡地である。 馬で一息に駆けた土地を与えると家康に命じられた内藤清成は、四ツ谷から大久保までの土地を手にしたという。

新宿は、甲州街道一番目の宿場「下高井戸」が遠すぎたことから新しい宿として設けた、まさに文字通りの地名由来である。江戸城郭「四ツ谷御門(よつやごもん)」は、その一部を現在でも確認することができる(JR「四ツ谷」駅東側)のだが、「新宿御苑」北東端に江戸時代番所の役割を果たした「四谷大木戸跡」や当時都心へ水を供給した「玉川上水水番所跡」があること、さらには甲州街道と青梅街道が分岐する「追分」も程近いことから、四ツ谷から新宿にかけての一帯は、都市機能の要衝としてのロケーションだったことがわかる。

地勢は、南方向が大きく下降するなど入り組み、北方向も緩やかに靖国通りに向かって下っていく。 東西を抜ける新宿通りを尾根とし、その南北に垂直に道路を引込み、両側に武家屋敷や町家が展開する街並みであった。こうした江戸時代の名残りが、「荒木町」等では引き込み道路が繁華街として発展した様子としてみてとれ、 「津の守坂」(松平摂津守屋敷跡)はじめ所在地や坂の名称等でも散見することができる。 さらに神社仏閣の集積した土地柄でもあり、歴史を思わせる景観・事象が少なからず見られる街並みである。

ビジネスマン、社会人が行き交う四ツ谷駅前

JR「四ツ谷」駅は、山手線の内側において東西・南北いずれの座標に対しても中央付近に位置するポジションである。民間企業による初の分譲マンション「四谷コーポラス」(本塩町)は同駅徒歩5分の立地だが、これは「利便性を優先するマンションに好適な立地」を象徴する史実として捉えることができるだろう。

とはいえ、上記事情等から大きな土地区画は比較的少なく、マンションの新規供給は限定的。再開発の実現に相当な歳月を要した「トミヒサクロス」(富久町)の経緯などからしても、住宅物件の希少性は今後も恒常的ではないか。

LIFE STYLE

子どもの成長を穏やかに見守れる住環境

世界最大級のターミナル駅である新宿とビジネス街の四ツ谷は、意外にも緑と水に親しむ暮らしが叶う街だ。新宿では広大な敷地を誇る新宿御苑が緑のランドマークに。苑内はもとより、周辺の街路にも自然が溢れ、通勤や買い物の道すがらにも心安らぐひとときが過ごせる。繁華街のイメージとは離れた、暮らす街の空気がある。

高層のオフィスビルやタワーマンションが立ち並ぶ景色はまさしく大都会。ただし冷たさはなく、なぜか不思議と懐かしい。こんもりと森のように広がる緑の空間があることと、暮らす人たちの息づかいが感じられるからだろう。

四ツ谷は時間帯によって、街の表情が大きく様変わりするのが面白い。上智大学のお膝元であるため、昼は学生で賑わう街に。キャンパス内にある聖イグナチオ教会の鐘の音が、朝・昼・夕と街に響き渡る。幼稚園から高校までの一貫教育を実践する雙葉学園もこの地にあり、教育環境の水準を引き上げている。

電車が行き交う線路脇には、江戸城外濠の土手や濠の跡につくられた外濠公園が約2kmに渡って細長く広がる。テニスコートと野球場があり、休日にボールを追って汗を流すには絶好だ。遊具のある広場では近所の子どもたちが元気に遊んでいた。昼の休憩にひと息入れるビジネスマンや、学校帰りにベンチで語り合う女学生たちもいて和やかな雰囲気だ。

夕方になると、家路につく学生やビジネスマンで四ツ谷駅前は一段と賑やかに。線路が橋の下にあるため、少しずつ茜色に染まっていく空の変化がつぶさに見られる。ノスタルジックなその光景が街との距離を縮めて、やがてここがふるさとになっていくのだろう。

駅前はチェーン店が目立つものの、路地に広がる住宅街ではこぢんまりとした個人店がポツリポツリと現れる。その中に見つけた「MOCHI」は1年前に開店。季節のフルーツを使ったケーキ、口どけのいいパンなどが愛らしく並ぶ。イートインスペースもあり、コーヒーと一緒にその場でパンが味わえる。

(撮影協力:MOCHI)

細い路地の両側に、大衆的な飲食店や居酒屋などがずらり並ぶ四ツ谷・しんみち通り。アジアや南米の料理店も多く、「ロミーナ」はその老舗だ。ここで味わえるのは、ペルーを中心に、メキシコ、ブラジル、コスタリカなど各国の料理。テーブルを囲む人も働くスタッフも国籍はいろいろ。この街の国際的な一面が垣間見られて楽しい。(撮影協力:ロミーナ)

新宿と四谷の間に位置する荒木町は夜が楽しい街だ。細い路地裏に何軒もの居酒屋やバーなどが肩を寄せ合っている。荒木町のメインストリートである杉大門通りは、ほろ酔い加減で帰宅する人、もう1軒行く人、これから飲む人が入り混じり、独特の熱気がある。ふらっと行けば面白い店や人に出会えるこの場所は、通うほどに愛着がぐんと深くなる。

Updated on 2019.8.4

TERASS編集部 (ASSET VALUE)

坂根康裕 (HISTORY)

上島寿子 (LIFE STYLE)

一井りょう (PHOTO)