美しく暮らそう。ハイエンド不動産メディア。

神宮前


カルチャーの最前線で味わう変わらないことの心地よさ

表参道を中心とする神宮前は、宝箱のような街だ。ぐるりと巡れば、ファッション、アート、グルメなど移り変わるカルチャーの最前線が体感できる。一方で、深い森に抱かれた明治神宮がどっしりと控え、代々木公園も生活圏内。変わる街を楽しみ、変わらない街を大切に思う。そんな価値観を持つ人たちがここに集まり、街の魅力をさらに高めている。

  • #FOR DESIGNERS

  • #CONTEMPORARY

  • #SIDEROAD

  • #THE VINTAGE

  • #PHOTOGENIC

ASSET VALUE

突出して高いリセールバリュー

HISTORY

明治神宮とともに生まれた「神宮前」

LIFE STYLE

ハイセンスな街で叶う地に足のついた暮らし

ASSET VALUE

突出して高いリセールバリュー

エリア 神宮前 青山 渋谷 松濤 代官山
中古平均坪単価

657万円

431万円

455万円

452万円

-

築10年リセールバリュー

171.10

104.09

111.00

83.30

-

築10年利回り

3.20%

4.09%

3.90%

4.30%

5.00%

築10年平均占有面積

97.59㎡

97.69㎡

42.29㎡

76.90㎡

170.19㎡

データ提供 : 東京カンテイ

各種データの算出方法


リセールバリューデータの集計条件

2007年4月~2010年3月に新規分譲され、2018年4月~2019年3月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

利回りの集計条件

2016年4月~2019年3月までに発生した中古流通売事例および賃料事例から利回り、平均専有面積を算出。

築10年:築9年超~築12年未満の中古流通売事例と賃料事例。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

170を超える高いリセールバリューが特徴。表参道を中心に観光地として注目を集め街の人気は高まる一方、一歩入った住宅地のマンションの希少性は高まっていると考えられる。

HISTORY

明治神宮とともに生まれた「神宮前」

明治神宮の鎮座祭が執り行われたのは1920年11月1日であった。 翌年(1921年)、片側3車線の両側歩道にケヤキを配した「表参道」の全体工事が竣工。 横切る渋谷川(穏田川)を低地に、緩やかな勾配が特徴のひとつである。

その方角は、冬至の日の出が延長上に上るよう設計されている。表参道を軸に、垂直に交わる青山通りをはじめ、街区内の道路はキャットストリートあたりまで、おおよそ格子状の規則正しい区画割だ。 用途地域は第一種中高層住居専用地域に指定。街の誕生からまもなく100年が経とうとしている。戦災で一度植え替えられたケヤキ並木は、今では車道を覆いつくすほどの立派な高木に育った。

表参道には世界のラグジュアリーブランドが軒を連ね、交差するキャットストリートにも同じくカジュアル、スポーツ、アクセサリーといった様々なジャンルのグローバル企業が店を構える。旗艦店の集積は最先端のトレンド発信を印象付け、カテゴリーの多さからして銀座をしのぐのではとさえ思わせる。

1923年関東大震災を機に、RC(鉄筋コンクリート)造の集合住宅普及を担った同潤会は表参道沿いの一角に「同潤会青山アパート」を建設。 築40数年経ったあたりからはじまった建て替え論議は30年以上続いたが、築後76年に終結(解体)。跡地に新たなランドマークとなる「表参道ヒルズ」が完成(2006年)。 同年、周辺の地価が大きく上昇したことが話題になり、世間に不動産再開発の影響を知らしめる契機となった。

同潤会青山アパートの外壁を残した、表参道ヒルズの一部分

安藤忠雄設計「表参道ヒルズ」は地上6階地下6階建て。建物の高さを並木にそろえることで景観を守った。 ビルの中に表参道と同じ傾斜のスロープを約700m螺旋状に設けている。 そのために生まれた空洞のおかげで、敷地目一杯建てることを余儀なくされ、地中で隣接する地下鉄空間に沿って垂直に掘り下げる技術や、ビル重量が少なくなった分(地下水が豊富な土に浮かないよう)アンカー(錨)でつなぎとめるなどしており、世界の著名建築家をして「日本のゼネコンの技術力は素晴らしい」と言わしめた。

住居がある上階は中間免震を採用。窓から望む、表参道の道並みはさながら「神宮に向かう緑の大河」。 ここでしか見ることのできない臨場感あふれる神聖な景色である。 高度利用だけが街づくりの手法でないことを再認識させるプロジェクトで、それが日本文化を象徴するひとつ「参道」沿いにあることに、ある種の感慨を覚える。

1丁目に立地するJR山手線「原宿」駅舎は都内JR路線では最古の木造建築である。 建て替え発表に伴い、地元から保存の声が渋谷区やJRに寄せられるが、検討の詳細は不明。

LIFE STYLE

ハイセンスな街で叶う地に足のついた暮らし

表参道から代々木公園までのルートは、広い歩道が多く、絶好のランニングコースだ。早朝なら人気のない参道の直線を思い切り走れる。スポーツブランドのショップが多いのも、アクティブに暮らせるこの街だからこそ。

世界中の観光客を魅了するカルチャーの発信地。ファッション、食、美容など、最先端のものが集まる。かつてここにあった同潤会アパートを忠実に再現した表参道ヒルズの同潤館には3つのギャラリーが入り、アートの基地にもなっている。

新しい建物ができたり、新店がオープンしたり、ショーウィンドウのディスプレーが一新されたり。街並みは少しずつアップデートされて、何度訪れても新鮮な印象がある。歩く度に発見がある、どの世代にとっても心ときめく街だ。

神宮前を拠点とするクリエイターは多く、女性4人で経営する「stillwater」のオフィスはヴィンテージマンションの1室。コミュニケーションデザインを主とするプロジェクトは多岐に渡り、タイ発のオーガニックハーブティーやコーヒーなどの企画・販売も手がけている。この地を選んだ理由は明治神宮が目の前にあること。朝の参道を歩くと会話が変わり、アイデアを閃くこともあるとか。(撮影協力:stillwater)

表通りから少し奥に入ると、大人に居心地のいい店が多くなる。開店から30年以上の「J-COOK」は、夫婦で営むカフェレストラン。コーヒー1杯でも、フレンチベースの一皿でお腹を満たすこともできる。天井から陽光が降り注ぐテラス席で寛いだり、落ち着ける奥の席で物思いにふけったり。「ただいま」と、また足を向けたくなる店だ。

(撮影協力:J-COOK)

モダンな街並みの中に古き日本の姿が残るのは、それを愛する人たちがいるため。100年もの間この地にあり続ける明治神宮はまさしく街の象徴であり、「なくてはならない存在」と語る住人は多い。樹木が茂る参道は凛として清々しく、心も体もリフレッシュできる。神宮橋の欄干や原宿駅の駅舎など歴史が薫るスポットも、街の空気を和ませている。

代々木公園が近いことも、神宮前のポテンシャルを高めている。ベンチでのんびり過ごすのはもちろん、自転車にまたがってアクティブに過ごすのにも最高のシチュエーションだ。自然とふれあえる穏やかなこの環境が、華やかな街としなやかに共存することで、暮らしにメリハリが生まれて、日々の楽しみの幅も広げられる。

表参道から少し脇道に逸れるだけで、賑わう街からは想像がつかないほど静かな住宅街が広がる。ここで行き交う人はほぼ住人のみ。生活の場としての環境がしっかりと守られていることに、この街の人たちの意識の高さが伺われる。

コンテンポラリーアートを牽引するワタリウム美術館は、建物そのものがアート。世界中から注目されるモノとコトが集積される街ならではのスポットだ。こうした刺激が溢れる街であっても、歴史ある神社やどこか懐かしささえ覚える落ち着いた住宅街が存在し続けていることに、この街の本当の価値はあるのかもしれない。

Updated on 2019.8.4

TERASS編集部 (ASSET VALUE)

坂根康裕 (HISTORY)

上島寿子 (LIFE STYLE)

一井りょう (PHOTO)