美しく暮らそう。ハイエンド不動産メディア。

渋谷


それぞれに居場所がある ビッグターミナル

駅周辺で再開発が進む渋谷は、今がまさに成長期。若者の街から幅広い世代が楽しめる街へと変化を遂げている。一方で、JR、私鉄、地下鉄、バスという発達した交通網も大きな武器だ。都心有数のハブステーションとして機能しながら、年齢も国も価値観の異なる人々がそれぞれの居場所を持てる。その懐の深さこそ、今の渋谷らしさだ。

  • #NEW CLUTURE

  • #LIVELY

  • #TRANSIT HUB

  • #BIT VALLEY

  • #METROPOLIS

ASSET VALUE

再開発の勢いを示すリセールバリュー

HISTORY

交通、人、あらゆるものが錯綜する街

LIFE STYLE

個々のライフスタイルから生まれる渋谷のカルチャー

ASSET VALUE

再開発の勢いを示すリセールバリュー

エリア 渋谷 青山 神宮前 松濤 代官山
中古平均坪単価

455万円

431万円

657万円

452万円

-

築10年リセールバリュー

111.00

104.09

171.10

83.30

-

築10年利回り

3.90%

4.09%

3.20%

4.30%

5.00%

築10年平均占有面積

42.29㎡

97.69㎡

97.59㎡

76.90㎡

170.19㎡

データ提供 : 東京カンテイ

各種データの算出方法


リセールバリューデータの集計条件

2007年4月~2010年3月に新規分譲され、2018年4月~2019年3月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

利回りの集計条件

2016年4月~2019年3月までに発生した中古流通売事例および賃料事例から利回り、平均専有面積を算出。

築10年:築9年超~築12年未満の中古流通売事例と賃料事例。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

進行中の駅前を中心とした再開発の勢いをそのまま表すような、110を超えるリセールバリューが特徴。とはいえ平均占有面積は小さめ。

HISTORY

交通、人、あらゆるものが錯綜する街

ここでは宇田川町、神南、桜丘町、渋谷について記す。

宇田川町以外に明確な地名由来を有するのは「神宮の南」を意味する神南である。 その2丁目にはまぎれもなくシンボリックな存在の「NHK放送センター」がある。建物から見る代々木公園・明治神宮の緑は絶景の一言。渋谷駅周辺は渋谷川と宇田川のふたつの沢が流れ込む、谷底のような地勢である。 ともに暗渠化されているが前者はキャットストリート、後者は(宇田川町で)井の頭通りと一致し西武渋谷店A館とB館の間を抜け、山手線をくぐって渋谷川と合流している。

東急東横線は東京メトロ副都心線直通に伴い、現在は地下化。一方、銀座線は突如明治通り上空にあらわれ、ビルの中に吸い込まれていく稀有な発着ホームである。このようにJRに私鉄、地下鉄それに多数のバス停が収斂する格好で、渋谷の交通網が成り立っている。 面で広がる巨大繁華街は、新宿や池袋と同じだが狭い路地や坂道にまでショップが展開し、おもに10代から20代のファッションやカルチャーの発信地となる点で独自の個性を放つ。

河川、交通網、人。あらゆるものが錯綜する渋谷の街は、都市計画上そのほとんどが商業地域に指定。一部「青山学院大学」がある渋谷4丁目あたりだけが住居地域である。

開発の続く渋谷駅前。高層タワーが次々と建設されている

現在、渋谷の街は再開発ラッシュ。

「渋谷2丁目21地区(ヒカリエ)」2008年都市再生特別地区決定(2012年開業)を皮切りに、2013年「渋谷駅地区(駅ビル、地上約230m)」「渋谷3丁目21地区(ストリーム)」、2014年「桜丘町1地区」2015年「宇田川町15地区(パルコ)」が次々に決まった。 先行「ストリーム」(2018年開業)は大手IT企業が全館借りたことが話題に。以来渋谷の賃貸市場はオフィス、店舗が相当な貸し手市場と聞く。 ちなみに「桜丘町1地区」(2023年開業予定)は分譲住戸(マンション)が計画されている。

これら再開発に伴い、この上なく複雑だった渋谷駅まわりの乗り換えや移動は、立体的歩行者空間「アーバン・コア」の多用、区画整理事業による渋谷川移設と雨水貯留槽整備、バスターミナル再整備、広場設置等で使いやすく安全性の高い都心の結節点を実現する見込みだ。

LIFE STYLE

個々のライフスタイルから生まれる渋谷のカルチャー

「FUGLEN TOKYO」の朝は早い。店内を見回せば、新聞を読む人、パソコンを開く人、仲間と談笑する人、ぼんやり外を眺める人も。外国人には旅行者もいれば、この街に住む人もいる。背景の異なる人たちが、思い思いの過ごし方で居心地のいい一つの場所を共有する。その光景は渋谷という街の今を象徴しているかのようだ。

1杯のコーヒーはどんな場所でも飲むことができる。だが、どこで飲むかで気分はまるで違うはずだ。自家焙煎の上質なコーヒー豆、風味を引き出すエアロプレス、熟練のバリスタ、そして温かみのある北欧のテーブルと座りやすいチェア。そんなコーヒーショップがある街なら、爽快に1日のスタートが切れる。(撮影協力:FUGLEN TOKYO)

渋谷の景色は日々アップデートしている。迷路のように入り組んだ鉄道や地下鉄の路線、クリエイターたちの活動拠点にもなる複合施設、渋谷川沿いの実験的イベントスペース、さらに宮益坂公園の跡地にできる空中公園のある都市空間。今までの渋谷に新たな色が加わって、それぞれが渋谷という街のカルチャーを鮮やかに発信している。

オープンエアな空間にも少し座って落ち着ける場所がたくさんある。この街の空気を感じながら、仕事をしたり、仲間とおしゃべりしたり、人の波をただ眺めたり。句読点になるそんな場所があるだけで、暮らしにリズムが生まれる。

開局3周年を迎えた「渋谷のラジオ」。渋谷区のあらゆる情報を発信するローカルなラジオ局だ。パーソナリティは渋谷にゆかりのあるアーティストや文化人など。商店街の盛り上げ役やボランティア活動をする人といった区内で活躍する一般の人たちも登場するのがユニークだ。渋谷川沿いのスタジオは外から見えるオープンなスタイル。それもまた渋谷らしい。(撮影協力:渋谷のラジオ)

再開発によって様変わりした街並みは、人の流れにも変化が生んでいる。スクランブル交差点周辺の活気とは好対照なのが、真新しい複合ビルを中心にしたかつての南口エリアだ。ビジネススーツも似合うクールでおしゃれな街並みは、その昔、センター街を闊歩していた若者が大人になって戻る場所なのかもしれない。

渋谷は世代のリミックスが加速している。大人は大人なりに、等身大で過ごせる店をあちらこちらで見かけるようになった。和酒バー「Umebachee!」はその1軒。選りすぐりの日本酒や焼酎で心地よく酔えば、店主を交えたカウンターの会話も弾む。集う世代は違っても、それぞれの和める居場所がここにある。(撮影協力:Umebachee!)

日が落ちると、幻想的な大階段のグラフィックアートなどまた違った景色が浮かび上がる。ぶらりと夜に出かけても、この街ならば行き場に困ることはないはずだ。どんな気まぐれも受け止めてくれるところは、今も昔も変わらない。

Updated on 2019.8.4

TERASS編集部 (ASSET VALUE)

坂根康裕 (HISTORY)

上島寿子 (LIFE STYLE)

一井りょう (PHOTO)