美しく暮らそう。ハイエンド不動産メディア。

六本木


世界と同じスピードで変化する多機能都市

六本木ヒルズと東京ミッドタウンが双璧をなす六本木には、ビジネス、観光、買い物などあらゆる都市機能が集約されている。世界に開かれた街でもあり、さまざまな国から人と情報が集まる一方で、新たなカルチャーを発信し続けている。エキサイティングなその街に、華を添えるのがアート。美術館やギャラリーは都心でも指折りの多さ。オフィスビルやタワーマンションさえもアーティスティックな街だ。

  • #INTERNATIONAL

  • #UNENDING GLOWTH

  • #FOODIE

  • #FASIONISTA

  • #ART

ASSET VALUE

中古坪単価が突出して高い

HISTORY

変わり続ける、高台の街

LIFE STYLE

街中に溢れるアートが暮らしを彩る

ASSET VALUE

中古坪単価が突出して高い

エリア 六本木 赤坂 虎ノ門・新橋 芝・港南 麻布十番・麻布台
中古平均坪単価

749万円

604万円

664万円

344万円

523万円

築10年リセールバリュー

87.19

114.19

134.10

122.50

124.09

築10年利回り

3.70%

3.50%

4.09%

4.30%

4.00%

築10年平均占有面積

80.30㎡

92.00㎡

84.30㎡

76.40㎡

67.50㎡

データ提供 : 東京カンテイ

各種データの算出方法


リセールバリューデータの集計条件

2007年4月~2010年3月に新規分譲され、2018年4月~2019年3月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

利回りの集計条件

2016年4月~2019年3月までに発生した中古流通売事例および賃料事例から利回り、平均専有面積を算出。

築10年:築9年超~築12年未満の中古流通売事例と賃料事例。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

都心の人気アドレスの中古坪単価は高くて600万円前後がほとんどであるが、六本木に関してはずば抜けて高く、700万円を超えている。東京随一の価格帯でありながら、利回りは決して低くはない。かつ今後も再開発の予定があるなど期待ができるエリアだ。

HISTORY

変わり続ける、高台の街

港区六本木は1丁目から7丁目まで、六本木通りをはさんで東から西に展開するアドレスである。

東京都心部は、標高ゼロメートル地帯と同30m前後の高台地およびそれらを連続させる傾斜地で構成されているが、地形上、六本木は東京湾からみると一番初めに見える高台地にあたる。劇場座席でいう「2階最前列」に相当し、古来南方向の見晴らしが良い立地であったと想像する。

地盤隆起の起点は「アークヒルズ」辺りで、まさしく1丁目からそれがはじまり、六本木交差点付近は界隈で最も標高の高い部類に入る。 特徴的なのは5丁目。見事な「緩やかな南傾斜地」が広がり、高級マンションが点在する街並みを形成している。

六本木の個性は、物流の要であった六本木通り、国内外の軍事施設として変遷した沿革(現在の「東京ミッドタウン」)、そして俳優座劇場やテレビ局(TBS)等、固有の事情が融合して今に至った。 さらに、ここ十数年で誕生した「森美術館(六本木ヒルズ)」や「新国立美術館」「サントリー美術館」等アート施設が及ぼす影響は日毎高まり、文化・芸術を発信する街としての特色も急速に深めている。

街のいたるところにオブジェが。アートが街に溶け込んでいる

六本木は、東京・新宿・品川の3つの巨大ターミナル駅のトライアングルのほぼ中央に位置する魅力的なロケーションではあるのだが、かつては鉄道路線としての利便性は都心の他の繁華街にくらべればそれほど高いとはいえなかった。

しかしながら都営大江戸線開通以来、渋谷駅発着等路線バスの増便や「新虎通り」開通に伴う羽田空港からのアクセス向上等、徐々に公共交通機関の利便が増している。

今後の注目は、やはり「六本木5丁目西地区」再開発である。「ロアビル」から教育機関を経て「国際文化会館」に至る広大な計画(詳細未定)で、「第二の六本木ヒルズ」ができるとまでいわれている。 また六本木地区隣接では、それに先駆けて麻布台の再開発プロジェクト(2022年予定)がある。 東京タワーに並ぶ約330mのビルディング、約1,300戸の住宅が供給される計画で、六本木商圏の活性化に寄与することだろう。

LIFE STYLE

街中に溢れるアートが暮らしを彩る

煌めく灯りに包まれる夜の六本木。にぎわいが一層増す表通りはもちろん、小さな店が軒を連ねる裏通りにも華やかな雰囲気がある。たとえ仕事で帰りが深夜になっても、どこかしら飛び込める場所があり、温かな笑顔が迎えてくれる。

東京ミッドタウン周辺は、ビジネス、観光、ショッピングなどさまざまな目的の人が行き交う。とはいえ、六本木1〜7丁目の昼間人口は約5万人(2015年国勢調査より)と、意外にも都心のなかでは決して多い方ではなく、その分、ゆったり過ごせる街といえる。

ハイクラスのタワーマンションが立ち並ぶ六本木ヒルズは、海外ブランドのブティックが多く、洗練された街並みが築かれている。開業から15年以上経ち、街路樹のケヤキも大きく成長。裏手には緑道もあり、都心の自然が楽しめる。

国立新美術館、森美術館といった国内最大級の芸術・文化施設が集結。施設内にもオブジェなどが点在し、アートの街として名を高めている。毎年5月には街をあげて「六本木アートナイト」を開催。現代アート、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなど、国内外のアーティストの作品が街じゅうに散りばめられ、非日常的な景観が生み出される。

日常の街の景色の中に、さりげなくアートがあるのも六本木ならでは。国立新美術館に近い六本木トンネルの側道では、5人のアーティストによるウォールアートが鑑賞できる。東京郊外の8カ所の風景を一つの街角のように描いた作品など、大きな壁面を活かしたスケール感のある絵はどれも印象的。無機質なトンネルを歩くのが楽しみになる。

かつては大人の街というイメージが強かった六本木だが、再開発によりファミリーにも暮らしやすい街へと変化している。印象的なのは公園の充実ぶり。広々としたスペースに遊具が置かれ、子どもたちがのびのびと遊んでいる。歩道も広く整備され、ベビーカーを押しながらゆったり歩ける。六本木で子育てするのはもはや特別なことではないようだ。

六本木はアートギャラリーの宝庫だ。「日常にアートを」とリニューアルオープンしたのが「s+arts(スプラスアーツ)」。1987年開廊「湘南台画廊」の第二のスペースとして2008年にオープンした「Shonandai MY Gallery」がその前身だ。六本木を選んだのは、海外に発信できてアクセスもよいため。銀座とは異なるウェーブは、さらに広がりそうだ。(取材協力:s+arts)

Updated on 2019.8.4

TERASS編集部 (ASSET VALUE)

坂根康裕 (HISTORY)

上島寿子 (LIFE STYLE)

一井りょう (PHOTO)