美しく暮らそう。ハイエンド不動産メディア。

赤坂


都心の真ん中にある 穏やかな住宅街

赤坂は都心の真ん中にある。六本木、霞が関、麻布といった主要な街に囲まれながら、独自の輝きを放っている。俯瞰して気づくのは、意外にもここが住宅街であること。飲食店が凌ぎをけずるエリアとオフィスビルが林立するエリアの中で、豊かな暮らしが息づいている。そんな街の句読点になるのが歴史ある街並み。見る角度で変わる表情が面白い。

  • #LONG STANDING

  • #SLOPE AND SLOPE

  • #EXCLUSIVE

  • #CHEERS WITH HOPPY

  • #TWO-FACED

ASSET VALUE

110超えの高いリセールバリュー

HISTORY

入り組んだ地形が織り成す、異なる景観が混合

LIFE STYLE

多彩な表情の中に華やぎと安らぎが共存

ASSET VALUE

110超えの高いリセールバリュー

エリア 赤坂 虎ノ門・新橋 六本木 青山 麻布十番・麻布台
中古平均坪単価

604万円

664万円

749万円

431万円

523万円

築10年リセールバリュー

114.19

134.10

87.19

104.09

124.09

築10年利回り

3.50%

4.09%

3.70%

4.09%

4.00%

築10年平均占有面積

92.00㎡

84.30㎡

80.30㎡

97.69㎡

67.50㎡

データ提供 : 東京カンテイ

各種データの算出方法


リセールバリューデータの集計条件

2007年4月~2010年3月に新規分譲され、2018年4月~2019年3月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

利回りの集計条件

2016年4月~2019年3月までに発生した中古流通売事例および賃料事例から利回り、平均専有面積を算出。

築10年:築9年超~築12年未満の中古流通売事例と賃料事例。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

東京23区平均に対して10%を超える高いリセールバリューが魅力。その分利回りは比較的低く見えるが、賃料は高く設定できるだろう。希少性の高い90㎡を超える物件も数多く存在しているのが特徴

HISTORY

入り組んだ地形が織り成す、異なる景観が混合

外堀通りと外苑東通りの間を占める「赤坂・元赤坂」は、港区の中でも最も都心に近いロケーションのひとつである。

外堀通りの向かい側は政治の中心地、千代田区永田町。 昭和から平成にかけては「赤坂の料亭」といえば政治家の会食の場のイメージが強かった。地名由来は「赤土の坂」をはじめとし諸説あるようだが、その歴史は古く、かつてはもっと広範囲を赤坂と称していたようだ。

地勢(「地形」の意)は相当入り組んでいる。赤坂見附駅界隈は低地で江戸時代は町家として活用。一ツ木、田町、中町と3つの通りがあったことから、「赤坂三筋町」といった。後に繁華街として発展し、今でも「みすじ通り」としてその名が残り、「一ツ木通り」に至っては現存の通り名である。 一方、高台地は大名屋敷として活用され、跡地は地域を代表する施設に。広島藩浅野家中屋敷跡は「赤坂サカス」。長州藩毛利家中屋敷跡は「東京ミッドタウン」である。

再開発の過程においては大名屋敷跡の埋蔵物や、さらにその下層から旧石器時代のナイフが出土される等、史料しての価値提供をもたらした。「東京ミッドタウン」北側外構の一部には毛利家屋敷の石組溝の石が再利用されている。 また「赤坂氷川神社」のように由緒あるランドマークもまぎれもなくエリアを代表する施設であり、まさに赤坂は様々な景観が混合した一帯であるといえるだろう。

都会の一角に鎮座する赤坂氷川神社

赤坂は、都心居住のあこがれを象徴するキーワード「3A(スリーエー:赤坂、青山、麻布の略)」の一角。

青山や麻布にくらべれば、住宅地としての印象が弱いと思われるかもしれないが、それは地盤の激しい起伏と狭く入り組んだ道路のせいではあるまいか。 往来の激しい通りからは商業ビルの景色が大半だろう。だが、都市計画上は地盤が隆起する地域はおおむね住居専用地域に指定されている。位置的には都心に最も近い住居ゾーンともいえる。

ちなみに紀州徳川家上屋敷跡「赤坂御用地」(元赤坂2丁目)も第一種中高層住居専用地域。都心に広大な緑地を生み出している。 マンションのトピックとして、薬研坂には業界大手の大京と三菱地所のそれぞれ分譲マンション第一号が、さらに三井不動産のハイラインシリーズ、パークマンションの「初の億ション(分譲当時)」の3棟の建物が200mと離れずに並んでいる。もっとも当時は医者や政治家、弁護士らの書斎等セカンドハウス用途が少なくなかったようだ。

LIFE STYLE

多彩な表情の中に華やぎと安らぎが共存

花街として栄えた赤坂にはかつて数多くの料亭があり、政治の舞台にもなってきた。この料亭文化を継承する1軒、「赤坂浅田」はこの街に暖簾を掲げて半世紀近く。11の個室があるしっとりとした店内は、さりげない設いにも気品と風格が漂う。日常にはない格の高いもてなしから、この地の歴史と誇りが感じられるはずだ。(撮影協力:赤坂浅田)

数多の飲食店がひしめく街にあって、屋台骨となるのが老舗の存在だ。天ぷら、うなぎ、洋食など創業100年を超える店もある。「室町砂場 赤坂店」は1964年開店。色白で上品な風味の別製ざるは看板メニューの1つだ。庶民的で親しみやすい店ながら、端々に凛とした空気が漂う。風情のある佇まいは、この街によく似合う。

(撮影協力:室町砂場 赤坂店)

3つの通りが川の字に並ぶ賑やかな繁華街を抜けると、古き佳き赤坂の面影を留めた街並みが。なかでも、地元の人たちの癒しの場となるのは、1000年以上の歴史を有す赤坂氷川神社だ。ご神木の大いちょうをはじめ木々が茂る境内へと、参詣かたがた訪れてひと息入れる。そんな和やかな日常が当たり前のように紡がれる、街に根ざした鎮守の森だ。

赤坂ライフの舞台となるのはタワーマンションだ。アークヒルズをはじめ、ハイエンドなタワーマンションが街の各所に立ち並んでいる。交通アクセスがよく、六本木や銀座などどこに出るにも便利な立地にありながら、周辺は驚くほど静か。ゆったり暮らせるのが魅力だという。

住まいの近くに欲しいのは、気の利いた手みやげを買える店。赤坂には和洋菓子の名店が多く、この街ならではの逸品が揃う。一ツ木通りにある「しろたえ」の名物は、口どけ軽やかなレアチーズケーキ。1976年の創業以来、変わらぬ製法で丁寧に手づくりしている。2階にはカフェがあり、優しい味わいのケーキでひと心地つける。

(撮影協力:西洋菓子 しろたえ)

オフィスビルが立ち並ぶ傍らに、そっと開かれているのが緑豊かな住宅街。景色が変化するにつれ、心安らぐ穏やかな空気が漂い始める。タワーマンションの上階からその街並みを見渡せば、緑のボリュームはさらに上昇。眼下に広がるマンションには端正な屋上庭園がつくられ、バルコニーで植物を育てる住人も多い。都心の楽園といった趣きだ。

繁華街、ビジネス街、住宅街と異なる3つの顔を持つ赤坂だが、いずれにも共通するのは、洗練された佇まい。とりわけ住宅街の落ち着いた環境は、閑静という言葉がふさわしい。住む人だけが知るその姿こそ、本来の赤坂らしさなのかもしれない。

都心の中でも中心に位置するこの街では、音楽や美術の鑑賞、観劇など特別な時間が暮らしの一部になる。アークヒルズ付近に住む夫妻が日々の愉しみにしているのはクラシックコンサート。月2回はサントリーホールでオーケストラの演奏に酔いしれているという。行き来にかかる時間は徒歩で5分ほど。赤坂だからこその贅沢なライフスタイルだ。

Updated on 2019.8.4

TERASS編集部 (ASSET VALUE)

坂根康裕 (HISTORY)

上島寿子 (LIFE STYLE)

一井りょう (PHOTO)