美しく暮らそう。ハイエンド不動産メディア。

広尾


大きな空がひろがる都心の住宅街「広尾」

元麻布、南麻布、恵比寿に囲まれた広尾は、都心屈指の住宅街だ。最大の特色は豊かな自然。公園や緑道によって四季折々の景観が満喫できる。さらに、静かな住環境を保ちながら、活気のある商店街、魅力的なショップやカフェなどが揃い、暮らしが街の中で完結する。地域の人とのふれあいにも気持ちが安らぎ、住むほどに愛着が増していく街だ。

  • #FOREST IN THE TOWN

  • #LOCAL FOLKS

  • #AFFLUENT

  • #SERENE LIFE

  • #ESCAPE FROM CONGESTION

ASSET VALUE

リセールバリュー、利回りが安定

HISTORY

ここにしかない、「落ち着いた街並み」

LIFE STYLE

ゆったり時が刻まれる、森に守られた暮らし

ASSET VALUE

リセールバリュー、利回りが安定

エリア 広尾 恵比寿 南麻布・元麻布 白金 青山
中古平均坪単価

533万円

416万円

575万円

482万円

431万円

築10年リセールバリュー

103.09

110.59

101.09

105.69

104.09

築10年利回り

4.50%

3.79%

3.50%

4.09%

4.09%

築10年平均占有面積

89.69㎡

81.50㎡

80.09㎡

74.19㎡

97.69㎡

データ提供 : 東京カンテイ

各種データの算出方法


リセールバリューデータの集計条件

2007年4月~2010年3月に新規分譲され、2018年4月~2019年3月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

利回りの集計条件

2016年4月~2019年3月までに発生した中古流通売事例および賃料事例から利回り、平均専有面積を算出。

築10年:築9年超~築12年未満の中古流通売事例と賃料事例。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

リセールバリュー、利回り共に近隣エリアに比べて優位。安定した資産性が魅力。広尾ガーデンフォレストを筆頭に、広い物件面積が特徴的で、3LDK以上を求めるファミリーに適したエリアといえるだろう。

HISTORY

ここにしかない、「落ち着いた街並み」

標高約30mの高台地。用途地域は、最も規制の厳しい第一種低層住居専用地域である。 そして、その中ほどを500m以上に渡り、真南に一直線の車道が貫く。銀杏やツツジといった季節を彩る沿道は、両側にしっかりと歩道が整備されている。

都心には「閑静な住宅街」と呼ばれるエリアが少なからず存在するが、これほどまでに好条件を備えた周辺環境はただひとつ「広尾」のみである。

地名由来「広い野原」は、理想的な街区構成と建築規制によって、心地よい街並みに育てられた。位置は渋谷区最東端。港区南麻布に隣接するロケーションである。 南は渋谷川が地盤を削っているため、上記「日赤通り」はそれに差し掛かる少し手前から10m以上の落差をもって下降し、明治通りに交わっている。都心に最も近い低層住宅街は、マンションでも3階建て程度。その空の広がりをして「都心とは思えない」感覚を抱かせる。

同エリアのランドマークとなる施設は、ひとつに「祥雲寺」がある。 門前町のように伸びる「広尾散歩通り」と名付けられた商店街は、東京メトロ日比谷線「広尾」駅とを結び、至ってアットホームな景観を成す。さらなる代表的な存在は、やはり「日本赤十社医療センター」であろうか。

その敷地の一部は1980年代後半に「広尾ガーデンヒルズ」というマンション史に残る大規模マンションを生み出し、さらにその四半世紀後に「広尾ガーデンフォレスト」を世に送り出した。広尾駅からの動線は、低層住宅街より近くに立地するため、世間の印象として、広尾といえばこの2つの物件を想起する人のほうが多いかもしれない。

広尾を象徴するマンションともいえる「広尾ガーデンヒルズ」。日差しの強い日でも涼しく感じるほどの樹々がマンションを囲う

全1,181戸「広尾ガーデンヒルズ」の敷地面積は約6.6ha。山手線の内側では、いまだ最大の敷地面積を誇る。

豊富な植栽は30年以上の歳月を経て見事なまでに生い茂り、例えば「六本木ヒルズ」の展望台あたりから眺めれば、それは「マンションの敷地に植えられた樹木」などではなく、「森の中に建物がある」と思わせるほど。

半世紀に一度出るか出ないかの広大な土地に、ふんだんな緑と「似た建物が連続する団地のような配棟にならない」ように工夫を施した。それがこのマンションの根源的な特徴であり、住む人がその精神を受け継ぎ大切に管理をし、今(の市場価値)がある。

LIFE STYLE

ゆったり時が刻まれる、森に守られた暮らし

広尾駅のある外苑西通りは見晴らしのいい一本道。西麻布方面に向う途中には「広尾ガーデンヒルズ」がある。敷地を貫く坂道は見上げる高さのけやき並木に彩られ、緑のボリュームは圧巻。木陰には清々しい空気が流れ、おのずと歩調も緩やかになる。ランニングや愛犬の散歩はもちろん、通勤や買い物の行き帰りに歩くだけでもリフレッシュできる。

緑豊かな環境からか、広尾にはテラス席のあるカフェが点在。散歩の途中でひと息つくには絶好だ。朝から営業する店も多く「カフェ ミケランジェロ 広尾」は7時からオープン。開放的な空間でゆったりとコーヒーを味わったり、ランチにパスタを頬張ったり。そこにはいつも和やかな時間が流れている。(撮影協力:カフェ ミケランジェロ 広尾)

街でよく見かけるのは、小さな子の手を引いたファミリーの姿。子どもが育つのにふさわしい場所であることの表れだろう。駅周辺には子ども服の店や幼児教室などもあり、ショッピングモール「HIROO PLAZA」にはヨーロッパの木製玩具を扱う店も。シンプルで愛らしい玩具からもこの街の温もりが伝わってくる。(撮影協力:アトリエ ニキティキ広尾店)

“広尾の庭”として親しまれるのが、敷地面積約6万7131㎡を有する有栖川宮記念公園。鬱蒼と樹木が生い茂るなかに、渓流や滝、池がつくられ、さわさとした葉ずれの音に耳を傾けると都心にいることを忘れてしまうほどだ。起伏のある園内で登山気分が楽しんだり、ぼーっと水面を眺めたりと、都心の森では思い思いの時間を過ごすことができる。

愛らしいフランス菓子が並ぶ老舗パティスリー、トルコ伝統のキリムや雑貨の直輸入店、インポートを中心に日常着としてのモードを提案するセレクトショップなど、思わず立ち寄りたくなる店がそこかしこに。顔見知りになれば、地元で過ごす時間がより一層楽しくなるはずだ。

(撮影協力:広尾キリムギャラリー アナトリア、A.Lecomte 、Blason de Terre)

祥雲寺を核に広がる広尾散歩通りは、下町のように気さくな商店街。ジャンルも多彩な飲食店から、ベーカリー、フレンチフライ専門店、バラに特化した生花店など約170店舗が軒を連ねる。古くからの鮮魚店や文具店も健在だ。一角には大正7年創業の銭湯もあり、地域の憩いの場になっている。毎年5月と10月のイベントを楽しみにする住人は多い。

街を歩いて気づくのは、世代を問わずおしゃれな人が多いこと。そんな人たちが通う1軒が、明治通り沿いにある「piccolo grande」だ。イタリアを中心にヨーロッパのインポートウェアを扱うここは開店から20年余。飛び切りの笑顔で迎えてくれる店主夫妻が、緑と青空が広がる街のおおらかさを象徴しているかのようだ。(撮影協力:piccolo grande)

ハイセンスな住宅街でありながら、豊かな緑と人の温かさに触れられるのが広尾。朝日に輝く緑道をのんびり歩き、カフェのテラスで飲むコーヒーから1日が始まる。そんな気持ちよい暮らしを実現できるのが、まさしくこの街なのだろう。せわしなさや喧騒から解き放たれた日常は、心にもゆとりを生み出してくれそうだ。

Updated on 2019.8.4

TERASS編集部 (ASSET VALUE)

坂根康裕 (HISTORY)

上島寿子 (LIFE STYLE)

一井りょう (PHOTO)