美しく暮らそう。ハイエンド不動産メディア。

目黒・中目黒


目黒川がつくり出す 最高のリラックス空間

目黒川によって結ばれる2つのエリア、中目黒と目黒。川辺を桜の木が彩り、心地よいリラックス空間が生み出されている。特に中目黒は和めるカフェやセンスのいいセレクトショップなどが立ち並び、のんびりと過ごすには最高のシチュエーション。一方、目黒は再開発によって駅前が刷新され、利便性を兼ね備えた生活の場として見直されている。

  • #FOODIE TOWN

  • #RIVER SIDE

  • #CHERRY BLOOSUM

  • #INTERIOR LOVERS

  • #LONG STANDING

ASSET VALUE

リセールバリュー、利回りともに高水準

HISTORY

変わらない良さ、変わることの良さ

LIFE STYLE

予定なしで気の向くままに過ごす 目黒川に寄り添う日常

ASSET VALUE

リセールバリュー、利回りともに高水準

エリア 目黒・中目黒 恵比寿 御殿山・五反田 白金 代官山
中古平均坪単価

450万円

416万円

419万円

482万円

-

築10年リセールバリュー

115.90

110.59

114.19

105.69

-

築10年利回り

4.40%

3.79%

4.19%

4.09%

5.00%

築10年平均占有面積

76.90㎡

81.50㎡

79.00㎡

74.19㎡

170.19㎡

データ提供 : 東京カンテイ

各種データの算出方法


リセールバリューデータの集計条件

2007年4月~2010年3月に新規分譲され、2018年4月~2019年3月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

利回りの集計条件

2016年4月~2019年3月までに発生した中古流通売事例および賃料事例から利回り、平均専有面積を算出。

築10年:築9年超~築12年未満の中古流通売事例と賃料事例。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

リセールバリュー115超、利回りは23区平均(4.7%)に近い4.4%と、売るにも貸すにも安心できるエリア。目黒駅前の再開発もあり、エリアの魅力が一段と上がったことがうかがえる。

HISTORY

変わらない良さ、変わることの良さ

諸説ある目黒の地名由来のひとつ「目黒不動尊」は、その正式名を泰叡山瀧泉寺という。 名を表す「独鈷の滝」は地形の高低差をいかした個性的なランドスケープだ。 他にも色鮮やかな朱の門構え「仁王門」、「大本堂」の先の「大日如来」そして今でも毎月縁日が開かれるなど、じつに趣深い社寺である。 同じ下目黒3丁目には、酉の市が立つ「大鳥神社」も。山手通りから以西は地盤が大きくせり上がり、その大半を第一種低層住居専用地域が占める。緑豊かで落ち着いた街並みは、再開発に沸く都心部と一線を画しているかのようだ。

かたや風景に変化を見せるのが、商業系に指定されている目黒通りや山手通り、工業系の目黒川沿い。 無柱化の促進、山手トンネルに伴う山手通りの歩行空間の改善(現在進行中)、さらには騒音や排ガスに対する規制強化で幹線道路沿道の環境は、近年見違えるほど良くなった。 また、目黒川沿いは桜の名所として広く知られるようになり、「中目黒」はおしゃれなカフェやショップがひしめき合う「住みたい街ランキング」上位常連になった。

都心から郊外(西)に向かう放射状の道で、片側二車線かつ上空や地下に高速道路も地下鉄も走らない、しかも23区内で終点を迎える大通りは目黒通りだけではないだろうか。 歩道橋も数か所撤去され、バリアフリー化のみならず圧迫感も低減。さらに交通利便を引き上げたのが、東急東横線の副都心線相互乗り入れと東急目黒線の南北線・都営三田線相互乗り入れだ。

変わらない地域の魅力と変化による利便向上を共に享受できるのが目黒の魅力。景色、交通量(道路混雑の度合)、都心へのアクセス、老舗かトレンドかを問わない勝手良い店舗の集積、住む上では快適(ストレスフリー)この上ないエリアといえる。

再開発で誕生した目黒セントラルスクエア。奥にはタワーマンションも

目黒川が地盤を削り取り、都心側は「南西向きの日当たりの良い斜面地」が出来上がった。 山手線駅徒歩圏という好条件も重なり、目黒川以東は早くからマンションが点在する景観となる。 目黒駅からの動線「三田通り」は、標高約30mの尾根道。急坂の権之助坂からは想像しがたいが、目黒駅改札は標高31mでこの方面にはフラットなアプローチが続く。

目黒駅東口は、都営バス営業所跡地「目黒駅前再開発プロジェクト」(品川区上大崎)の完成で、高台にそびえる超高層建物群が生れた。南方が落ち込んでいるため、見晴らしが殊の外よい。 「ブリリアタワーズ目黒」(2017年竣工)は発売当初、周辺相場より5割程度高い値付けに市場は驚かされたが、数年経ってさらにその2割程度高く相場が安定するほど多くの需要を取り込んでいる。

LIFE STYLE

予定なしで気の向くままに過ごす 目黒川に寄り添う日常

桜やクリスマスの時季は人で溢れ返る中目黒も、素に戻れば拍子抜けするほど静か。川面では野鳥が水浴びしていたり、魚らしきものが泳いでいたり。行き交う人の歩くリズムものんびりとして、公園にいるような感覚になる。ここでの暮らしはすべてが自然体。目的なくぶらり歩くだけでも日々楽しめて、なにもしない贅沢すら満喫できる。

目黒川沿いに立ち並ぶセレクトショップはどの店も個性的。気張らずにおしゃれが楽しめるのが共通点だ。たとえば、「1LDK」のコンセプトは“日常の中の非日常”。着心地や使い心地を大切にしながら、上質でスタンダードなアイテムが揃えられている。そんなショップが身近にあれば、暮らしは自然と心地よくなっていく。(撮影協力:1LDK)

思わず入ってみたくなるセンスのいい店が立ち並ぶ中目黒。ファッションだけでなく、雑貨店やヘアサロンなどライフスタイル全体をカバーするショップが揃っている。トリミングやウェア、小物などペットのためのおしゃれなショップも充実しているから、愛犬との暮らしもますます楽しくなる。

ブックストア、ライブハウス、アートギャラリーなどさまざまなコンテンツが揃うのが中目黒の面白さ。店が入れ替わっても不思議とどの店も中目黒らしい。この街では毎年秋にはアートと音楽が街中を埋め尽くす「ART&MUSIC WALK」を開催。東京音楽大学の開校に伴い、コンサートホールも誕生して、文化・芸術の街としても盛り上がっている。

山手通りから高台の住宅街に足を向けると、ゆったりとした環境が広がる。レンガ造りの洋館など重厚感のある街並みは、ラフな川沿いの景色とは対照的だ。車通りの少ない静かな坂道を歩いていると、軽やかなピアノの音が聞こえてきた。

目黒エリアにはコンセプトの異なるさまざまなインテリアショップが集結。一点ものの家具に出会えることもある。周辺にはカフェも多く、一日ショップ巡りをするのも楽しいだろう。再開発によってより便利な街に発展している目黒だが、川沿いの景色と暮らしを楽しむゆとりはこれからも変わることはないのだろう。

Updated on 2019.8.4

TERASS編集部 (ASSET VALUE)

坂根康裕 (HISTORY)

上島寿子 (LIFE STYLE)

一井りょう (PHOTO)