美しく暮らそう。ハイエンド不動産メディア。

白金


多様な街並みから生まれる街の奥行き

白金台と白金高輪からなるこのエリアを代表するのは、やはりプラチナ通りだ。青々とした銀杏並木が続き、その色に合わせたような白やミントグリーンの店が並ぶ。歩くだけで特別感に浸れる場所だ。同じ白金台でも白金北里通りは昔ながらの店が残り、庶民的な顔をのぞかせる。白金高輪もやはり気さくな街だが、集う人はインターナショナルだ。

  • #PLATINUM VIEW

  • #LIVE WITH GREEN

  • #BLUNCH ON THE TERRACE

  • #FOR DRIVERS

  • #VAST SKY

ASSET VALUE

利回りは4%超と高め。安定した人気のエリア

HISTORY

理想的な都心の街路

LIFE STYLE

華やかさと懐かしさが共存する街並み

ASSET VALUE

利回りは4%超と高め。安定した人気のエリア

エリア 白金 恵比寿 麻布十番・麻布台 南麻布・元麻布 三田・高輪
中古平均坪単価

482万円

416万円

523万円

575万円

486万円

築10年リセールバリュー

105.69

110.59

124.09

101.09

113.59

築10年利回り

4.09%

3.79%

4.00%

3.50%

3.50%

築10年平均占有面積

74.19㎡

81.50㎡

67.50㎡

80.09㎡

81.50㎡

データ提供 : 東京カンテイ

各種データの算出方法


リセールバリューデータの集計条件

2007年4月~2010年3月に新規分譲され、2018年4月~2019年3月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

利回りの集計条件

2016年4月~2019年3月までに発生した中古流通売事例および賃料事例から利回り、平均専有面積を算出。

築10年:築9年超~築12年未満の中古流通売事例と賃料事例。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

リセールバリューは105超、利回りは4%超。500万円近い坪単価のエリアながら、売るにも貸すにも困らないというデータは心強い。

HISTORY

理想的な都心の街路

テラス席でブランチを。 そんなフレーズがこれほど似合う沿道が他にあるだろうか。 「プラチナ通り」は白金・白金台を縦断する750mほどの街路(外苑西通りの一区間)である。植栽を配した中央分離帯、片側2車線で路上パーキングも配置された車道、両側歩道には立派な街路樹が植え込まれ、電線電柱の類はない。

冒頭のシチュエーションは有名レストラン「ブルーポイント」をイメージしたものだが、通りの向こうには広大な「自然教育園」の森の一部が垣間見える。 ロケーションの割には車両交通量や人通りが少なく、とくに車利用のプライベートな時間を過ごすには格好の場だ。 通り沿いには、和洋問わず上質な衣食やサービスを提供する店舗が、あえて都心の喧騒を回避するように点在している。プラチナ通り特有の光景である。

白金・白金台エリアの用途地域は、古川以南「白金高輪」駅から「恵比寿」駅を横断する道路までを工業系、プラチナ通りを除く幹線道路沿いを商業系、それ以外が住居系に指定。 地盤は、標高10mに満たない古川から目黒通り(同約30m)に向かって隆起、そこから品川・高輪に向かって下降していく。 外苑西通りは、リニア中央新幹線開業(2027年予定)までには、品川駅まで延伸される計画だ。 高輪ゲートウェイ、品川両駅周辺の再開発も伴って、今後利便向上が波及するエリアのひとつになるだろう。

白金エリアには東京大学医科学研究所や北里大学、明治学院大学などのキャンパスがあり、アカデミックな空気を醸している

エリアの特徴のひとつに、アカデミックな施設の集積が挙げられる。 東京大学医科学研究所、聖心女子学院、明治学院大学、頌栄女子学院等。なかには敷地が広く、風格のある建物を有した学校も多い。 緑豊かな印象はキャンパスばかりではない。前述の「国立科学博物館付属自然教育園」は天然記念物及び史跡に指定された広大な森林緑地だ。手付かずの雑木林や湿地、沼ではカワセミのホバリングが見られる等、都心では貴重な自然そのままの空間が広がる。 かたや、庭園では「八芳園」が知られる。高級物件が点在する白金・白金台エリアの中でも、自然教育園や八芳園の緑を借景に取り入れることができる立地は、特別な市場価値をもたらす場合がある。 数が限られているため、例え売りに出されても地元周辺(極端なケースでは同じ棟内)で売買が成立してしまうことさえある。

LIFE STYLE

華やかさと懐かしさが共存する街並み

白金台交差点から恵比寿方面に向かう1kmほどのプラチナ通り。緩いカーブを描く坂道の両側には、白やミントグリーンをアクセントカラーにしたボタニカルショップ、ショコラトリー、結婚式場などが目を引く。顔ぶれは多彩ながら統一感があるのは、外観の色彩などを定めた港区の景観形成特別地区に指定されていることがあるのだろう。洗練された通りでは足取りも軽やかになる。

プラチナ通りには、テラス席のあるレストラン、風情漂う老舗蕎麦屋、個性的なブティックやゴルフショップなど立ち並ぶ。流行を追うのでなく、まして豪華さを競うのでもなく、自分らしいライフスタイルを愉しむ人たちが、ゆったりと日常のひと時を過ごすのにふさわしい場だ。上質感から生まれる華やかさにこそ、この通りの本当の価値があるのだろう。

「BLUE POINT」は、プラチナ通り沿いのカジュアルなアメリカンダイニング。ランチタイムにはボリュームのあるバーガーやサンドイッチなどが味わえる。爽やかな風が吹き込むテラス席は、ひとりで気ままに過ごすのにもうってつけだ。銀杏並木の緑を眺めつつ、ビール片手にバーガーを頬張る。そんな飾らない時間が、この街への愛着を深めてくれる。(撮影協力:BLUE POINT)

プラチナ通りの裏手に広がるのは、中高層マンションを中心にした落ち着いた住宅街。赤味を帯びたブラウンの外壁がシックな雰囲気を醸し出す。ファサードもシンプルで飽きのこないデザインが多く、この街に暮らす人たちの嗜好をよく物語っている

「白金は自然が多く子育てが楽しくできます」というSさんが暮らすのは、眼下に八芳園の緑が広がるヴィンテージマンション。約160㎡の広さと天井の高さを活かしながら、フルリノベーションがされている。たっぷり光が差し込むリビングは、この街ののびやかな雰囲気を映し取ったかのよう。アートのように美しい玄関ホールなど気品のある佇まいにも白金らしさが薫っている。

駅直結のスーパー「クィーンズ伊勢丹」がある白金高輪界隈は、利便性の高さが特徴だ。オフィスビルが集まることから、気軽なレストランやカフェも多い。そのなかに、バラをモチーフにしたパティスリー、エッグタルト専門店、バスク地方の焼き菓子やチーズケーキの店など話題のスイーツショップが点在。ティータイムに、手みやげに。暮らしの楽しみも兼ね備えたエリアだ。

白金に今も残るのが人情味のある商店街。白金北里通り商店会はその一つだ。創業100年を優に超える「川越屋豆腐店」は昔懐かしい佇まいの手づくり豆腐の店。夫婦2人で営む店には近所の人たちがひっきりなしに訪れて、会話を交わしながら豆腐や油揚げなどを買っていく。隣には子どもたちに人気のお団子屋さん、通りの向かいには昔ながらの洋食店やもつ焼きの店なども。郷愁を誘う街並みもこの街の愛すべき一面だ。(撮影協力:川越屋豆腐店)

夜が明るい街は都心にいくつもあるが、白金の明るさはまるで違う。店に灯る明かりはすべてが暖色系で、建物の陰影をやわらかく照らし出す。刺激的なネオンの類はどこにもない。華やかでも温かい、そんな光のプロムナードが夜の安らぎを生み出している。

Updated on 2019.8.4

TERASS編集部 (ASSET VALUE)

坂根康裕 (HISTORY)

上島寿子 (LIFE STYLE)

一井りょう (PHOTO)