美しく暮らそう。ハイエンド不動産メディア。

南麻布・元麻布


高台に開かれたインターナショナルな住宅街

「麻布」とつく街の中で、高台に位置するのが南麻布と元麻布だ。各国大使館があるため多様な国籍の人たちがファミリーで暮らし、インターナショナルスクールの選択肢も豊富だ。街には公共施設がわずかにあるだけで、買い物は広尾や麻布十番に出るのがこの街のライフスタイル。静かな暮らしに特化したラグジュアリーな環境が手に入る。

  • #INTERNATIONAL

  • #SERENE LIFE

  • #PARK SIDE

  • #AMBASSADOR

  • #EDUCATION

ASSET VALUE

4%近い利回り、100超のリセールバリューの安心感

HISTORY

大使館と公共施設の集積

LIFE STYLE

世界のエグゼクティブが選んだ静けさ

ASSET VALUE

4%近い利回り、100超のリセールバリューの安心感

エリア 南麻布・元麻布 麻布十番・麻布台 六本木 広尾 白金
中古平均坪単価

575万円

523万円

749万円

533万円

482万円

築10年リセールバリュー

101.09

124.09

87.19

103.09

105.69

築10年利回り

3.50%

4.00%

3.70%

4.50%

4.09%

築10年平均占有面積

80.09㎡

67.50㎡

80.30㎡

89.69㎡

74.19㎡

データ提供 : 東京カンテイ

各種データの算出方法


リセールバリューデータの集計条件

2007年4月~2010年3月に新規分譲され、2018年4月~2019年3月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

利回りの集計条件

2016年4月~2019年3月までに発生した中古流通売事例および賃料事例から利回り、平均専有面積を算出。

築10年:築9年超~築12年未満の中古流通売事例と賃料事例。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

利回りは周辺と比較しても低くなく、かつリセールバリューも100を超えている。長く住宅街としての人気があり、安定した人気がデータにも現れている。

HISTORY

大使館と公共施設の集積

外苑西通り「広尾橋」交差点を東に。道なりに左へ曲がるとすぐ目の前に「有栖川宮記念公園」があらわれる。 そのまま信号を直進すると、公園の緑を右手に登り坂に入る。坂上は旧愛育病院である。 仙台坂方面に進めば、都立中央図書館、区立麻布運動場(野球場とテニスコート)と続き、向かい側には陽当りに恵まれたマンションが立ち並ぶ。

緑豊かな風景、公的施設ならではのゆとりある空間、大きな空。 どれをとっても都心には珍しい景色ばかりで贅沢な時の流れを思わずにいられない。

有栖川宮記念公園は、盛岡藩南部家下屋敷跡地である。 大名屋敷庭園ならではの造形(土地の起伏を活かした滝や渓流、回遊式の池等)を再現。鯉に亀、水鳥もいる手入れの行き届いた広大な敷地は出入り自由(無料)で、高い塀で周囲と隔絶されていないところも良い。 入口(広尾口)には外国人向けスーパー「ナショナル麻布」。週末夕方の駐車場は外車がひっきりなしに出入りする。

もとより元麻布、南麻布にはドイツ、フランス、EU代表部、中国、韓国といったヨーロッパや東アジア先進国をはじめとする駐日大使館が集積。 いまでこそ訪日外客数増でどこに行っても海外の人の姿を見る場面が増えたわけだが、この辺りは以前から国際性に富んだ日常の風景がある。

有栖川宮記念公園には、さまざまな国籍のファミリーが集まる

元麻布・南麻布といえば、分譲・賃貸を問わず高級感にあふれたマンションや邸宅が散見される代表的な街であろう。例えば、西武グループを創業した堤家御屋敷も南麻布5丁目にあった。 迎賓館としても活用された建物「米荘閣」は、車寄せを配し、パーティルームの向こうに庭園が広がる立派な洋館だった。現在は分譲マンション「ザ・ハウス南麻布」が立地する。

賃貸物件は、外国人のライフスタイルに合わせた住空間が求められるようだ。 標準的なスペックは専有面積150~250m2で3、4ベッドルーム。設備は2バス3トイレ、洗面は2ボール。 間取りはPP(プライベートパブリック)分離が効き、玄関を入ったらすぐにリビングにつながる動線が望ましい。 天井高は広さとのバランスや大型家具が圧迫しないよう2.7m以上が理想。 総戸数を問わず、共用部にフィットネスマシンを用意する物件も少なくない。

もしも「邸宅のグローバルスタンダード」というものが存在するなら、それを前提条件に成り立っている住宅街の筆頭に挙がるのではないだろうか。

LIFE STYLE

世界のエグゼクティブが選んだ静けさ

中国系のSさんが暮らすのは南麻布のハイグレードマンション。130㎡を超える広さとともに、目を見張るのは窓に映る緑の量感。都心とは信じられないほどだ。広い敷地を贅沢に使っているため密接した建物がなく、照明がなくても十分明るい。美術館さながらに調度品が彩るエントランスのしつらいにも満足しているそうだ。

マンションは小規模の低層物件が中心。シンプルながら上質なデザインが採用されている。ホテルと提携したコンシェルジュを置くなどサービスを充実させている物件も多い。商業施設はほとんどなく、整然とした街並みが印象的。歩道を整備した道が多く、車通りは少なめ。子どもにも安心だ。人通りもあまりなく、とにかく静かだ。

外国のファミリーが多く暮らしているため、大小さまざまなインターナショナルスクールが集まっている。夕方には校門の前で子どものお迎えをするファミリーの姿も。日本人の子どももいろいろな国籍の友達ができているようだ。ドイツ大使館の壁には、イラストとともにドイツ語を紹介した展示が。他国の言葉に自然に触れられる環境と言える。

広尾と麻布十番には、外国人向けのスーパーやショップが整う。開店して40年近く経つ「ナショナル麻布」は外国人御用達。生製品以外は外国製品の取り扱いも多く、店内は海外のスーパーのよう。カラフルなジュースのディスプレーもどこかインターナショナルだ。麻布十番には外国人向けのクリーニングショップに遭遇。

坂道の途中や上にハイグレードマンションが点在。いずれも外壁に石やレンガを使った気品漂う佇まいが特徴だ。麻布十番商店街から暗闇坂を上りきったところに立つ「元麻布ヒルズ」は、このエリアには珍しいタワーマンション。共用施設としてワインセラー、スパ、フィットネス、さらにレストランまである驚きの充実度。2棟の低層棟の前に広がる庭園も見事だ。

Updated on 2019.8.4

TERASS編集部 (ASSET VALUE)

坂根康裕 (HISTORY)

上島寿子 (LIFE STYLE)

一井りょう (PHOTO)