美しく暮らそう。ハイエンド不動産メディア。

恵比寿


大人の嗜好を満足させる端正な住環境

JRと地下鉄が使えて、渋谷、代官山、中目黒、広尾といった人気エリアも生活圏内。それでいて、落ち着いた暮らしが叶うのが恵比寿だ。とりわけ、恵比寿ガーデンプレイス周辺の端正な街並みは、大人の嗜好を満足させるのに十分。繁華街として発達する西口、個人店が多い東口などゆるやかにゾーニングされていて、暮らす人たちを飽きさせない。

  • #FOODIE TOWN

  • #SECRET PASS

  • #HILLTOP LIFE

  • #CHEERS WITH BEER

  • #EASY TO MEET UP

ASSET VALUE

全方位安定型

HISTORY

人気エリアに囲まれた希少なロケーション

LIFE STYLE

行く場所で変わる個性が暮らしにリズムを生み出す

ASSET VALUE

全方位安定型

エリア 恵比寿 代官山 目黒・中目黒 広尾 渋谷
中古平均坪単価

416万円

-

450万円

533万円

455万円

築10年リセールバリュー

110.59

-

115.90

103.09

111.00

築10年利回り

3.79%

5.00%

4.40%

4.50%

3.90%

築10年平均占有面積

81.50㎡

170.19㎡

76.90㎡

89.69㎡

42.29㎡

データ提供 : 東京カンテイ

各種データの算出方法


リセールバリューデータの集計条件

2007年4月~2010年3月に新規分譲され、2018年4月~2019年3月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

利回りの集計条件

2016年4月~2019年3月までに発生した中古流通売事例および賃料事例から利回り、平均専有面積を算出。

築10年:築9年超~築12年未満の中古流通売事例と賃料事例。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

坪単価は400万円超、特に人気物件ではさらに上の金額帯になるものの、リセールバリュー、利回りいずれも高めの、全方位に安定型のデータが出ている。

HISTORY

人気エリアに囲まれた希少なロケーション

渋谷駅やや北側あたりから、JR山手線と並行して南下する渋谷川は、恵比寿駅近く「渋谷橋」交差点あたりから 東を向いて曲がっていく。谷底低地は後背湿地に変わり、その以南に広がる恵比寿アドレスは 「恵比寿ガーデンプレイス」に向かって地盤が徐々に隆起していくのである。 標高5m前後が同30数mに。途中の道路は目抜き通りを除き、狭く入り組んだ道が少なくない。

一方、「渋谷橋」を基点に世田谷方面に向かう幹線道路が「駒沢通り」である。 その北側に恵比寿西、南側に恵比寿南アドレスが広がる。 恵比寿アドレスにくらべると道路の幅員も幾分広めで、区画も整った印象。用途地域も恵比寿は商業系が占めるのに対して、恵比寿西と恵比寿南は住居系に指定されている割合が高いようだ。

現時点の不動産マーケットにおいて、恵比寿といえば「住んでみたい街の代名詞」ともいえるステータスだろう。 理由は、カジュアルからフォーマルまで良質なショップ・レストランが展開していることや JR駅前ビル「アトレ」の利便が増強していることなど様々に挙げることができるのだろうが、 最大はそのロケーション上の特徴にあるとみている。 代官山、渋谷、広尾、白金、目黒、中目黒といった街に囲まれ、JRや地下鉄日比谷線で「ひと駅」で行ける気軽さ。 徒歩や自転車でも十分に行動範囲内といえる近さが何よりの魅力だ。

都心に住む利点のひとつは、地元にはない他の街の良さをも日常的に享受しやすい点にある。 その意味で、恵比寿の地の利は出色といえる。

現在も当時の面影が残る恵比寿ビール

1889年(明治22年)日本麦酒醸造は、三田用水を活用して目黒区三田一丁目の標高約30mの高台地にビール工場を建設。その後「恵比寿ビール」製造場は渋谷区域まで拡大、専用道路や橋まで設けた。 現在の山手線「恵比寿」駅も当初(1901年)は積み出し専用駅であった。一般乗客も利用できるようになるまで5年かかっている。 1988年工場は閉鎖され、跡地には複合施設「恵比寿ガーデンプレイス」が誕生(1994年)。 都心再開発プロジェクトの先駆的位置づけといって良いだろう。中央に設けた大きな広場が都心にあって希少な空間である。

JR「恵比寿」駅は埼京線延伸(1996年)来、湘南新宿ライン、りんかい線等アクセス向上が目覚ましい。 周辺道路でも新茶屋坂通りがアメリカ橋に貫通したのが10年ほど前のこと。

生活・交通施設増殖に伴い、利便性向上が止まない点も見逃せないファクトである。

LIFE STYLE

行く場所で変わる個性が暮らしにリズムを生み出す

この街の歴史と今を象徴する恵比寿ガーデンプレイス。ビール工場の跡地を利用したここには百貨店、映画館、美術館、ホテル、レストランなど多彩な施設がフルラインナップされている。この街に暮らす人にとっては生活の拠点であり、テーブルと椅子を置いた広場ではビジネスマンとともに、近隣住人と思われるマダムやファミリーが楽し気に寛いでいた。

恵比寿ガーデンプレイスには、写真と映像に関する総合美術館や世界各国の名作を上映するシネマなど、大人の街にふさわしい特色のある施設が設けられている。シネマでは周辺の施設と連携したアートイベントも開催。往年の名優のスチール写真を散りばめた館内には、待ち時間もゆっくり過ごせるようカフェスペースが設けられている。

トラディショナルなレンガの外壁にエレガントな鉄製の階段を組み合わせるなど、シックで落ち着いた雰囲気の建物が目を引く。いずれもデザイン性が高く、抑えた色味が成熟した街であることを鮮明に印象付ける。カジュアルなテラス席でさえもしっとりとして趣きがあり、海外の街にいるような気分になる。

歩道の両脇を街路樹で埋め尽くして緑道化。夏は涼しい木陰の道を歩くことができる。住宅地に近いため交流量は多くはないが、歩車分離がしっかりされて、歩道の幅も広い。子供を連れていても安心して歩ける。

恵比寿は至るところに坂道がある。その高低差によって自然とソーニングがされ、異なる特色を持つエリアが一つの街の中に生まれている。エリアごとに景色も一変。向かう先によって違う雰囲気を味わえるので、長く暮らしても住み飽きることがない。ちなみに、駅からの移動にスカイウォークを使えば、坂道を上がる必要はなく、時間も短縮できる。

恵比寿ガーデンプレイスにほど近い恵比寿南、代官山方面に向かう途中の恵比寿西にも、落ち着いた住宅街が形成されている。恵比寿南はハイクラスの高層マンションが多く、恵比寿西は低・中層の小規模のマンションが中心。いずれも植栽が充実して、緑鮮やかだ。

街を歩くと目に留まるのは、住宅や雑居ビルに入るブティックやセレクトショップ。ひっそりと2階に店を開いていることも多く、その中からお気に入りを見つけるのは宝探し気分だ。パリ発のファッションブランド「メゾン マルジェラ」の旗艦店があるのもここ、恵比寿。2000年にオープンして以来、この街を代表する人気スポットになっている。

恵比寿は大きく駅前エリアと高台のガーデンプレイスエリアに分かれるが、両者をつなぐ坂の途中も個性派ショップで静かに盛り上がっている。「POST」は“出版社”をテーマに海外のアートブックを中心に紹介。扱う本は定期的に総入れ替えされ、行く度に発見がある。向かいの「tmh」にはジュエリー作家による美しい展示空間も。

(撮影協力:POST、tmh)

恵比寿を語るうえで欠かせないのは食。選択肢は迷うほど多いが、地元の人が密かに通うのは昭和レトロの純喫茶だ。「喫茶 銀座」が開店したのは1962年。臙脂色の革張りのソファ、サンプルを並べたショーケースといったインテリアは若い世代にはむしろ新鮮。ナポリタンや生姜焼きなど親しみやすいメニューも人気の秘密だ。(撮影協力:喫茶 銀座)

日が暮れると、街はさらに大人の表情に。外灯によって照らし出される建物の陰影は見とれるほどに美しい。少し遠回りして街の雰囲気を味わってから、目的のレストランへ。そんな贅沢な時間の使い方をしたくなる街だ。

夜になるとひっそりとバーの明かりが灯る。仕事帰りはいつもの店へ。そんな暮らしがスマートにできるがこの街だ。「MUSIC BAR berkana」なら癒しのひと時が、耳障りのいいレコードの音楽とともに楽しめる。窓際に延びる約11mのバーカウンターでは、地元に住むビジネスマンが1人静かにグラスを傾けていた。(撮影協力:MUSIC BAR berkana)

夜の恵比寿は思わず引き寄せられる店があちこちに。駅前にいけば日付が変わっても賑やかだ。1人で行きつけのバーに行きマイペースでお酒を味わうのも、2人でしっとりとワインバーのカウンターを温めるのも、カジュアルなビストロに仲間を誘ってワイワイとテーブルを囲むのも、どれもが恵比寿らしい大人の時間の楽しみ方だ。

Updated on 2019.8.4

TERASS編集部 (ASSET VALUE)

坂根康裕 (HISTORY)

上島寿子 (LIFE STYLE)

一井りょう (PHOTO)