美しく暮らそう。ハイエンド不動産メディア。

代々木・代々木上原


代々木公園を中心に広がる緑が薫る邸宅街

代々木公園から代々木上原までの一帯は、言わずと知れた住宅街。生活に必要な機能がすべて整い、街を介してコミュニティも育みやすい。大きな価値となるのは、代々木公園の自然。身近にある緑溢れる環境は、暮らしを豊かにするために欠かせない要素だ。ここでは朝起きると真っ先にカーテンを開けたくなるような、ナチュラルライフが待っている。

  • #SLOW AND SLOW

  • #GOOD FOR LABRADOR RETRIEVER

  • #ORGANIC

  • #PARK LIFE

  • #COFFEE STANDS

ASSET VALUE

坪単価の高さに対し利回りが高め

HISTORY

ハイグレードな低層マンションの集積地

LIFE STYLE

身近な自然から生まれる都市型スローライフ

ASSET VALUE

坪単価の高さに対し利回りが高め

エリア 代々木・代々木上原 神宮前 松濤 四ツ谷・新宿 青山
中古平均坪単価

417万円

657万円

452万円

374万円

431万円

築10年リセールバリュー

98.59

171.10

83.30

112.69

104.09

築10年利回り

4.40%

3.20%

4.30%

4.09%

4.09%

築10年平均占有面積

59.79㎡

97.59㎡

76.90㎡

72.30㎡

97.69㎡

データ提供 : 東京カンテイ

各種データの算出方法


リセールバリューデータの集計条件

2007年4月~2010年3月に新規分譲され、2018年4月~2019年3月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

利回りの集計条件

2016年4月~2019年3月までに発生した中古流通売事例および賃料事例から利回り、平均専有面積を算出。

築10年:築9年超~築12年未満の中古流通売事例と賃料事例。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

坪単価の高額なエリアは利回りが低位安定型になることが多いが、ここでは400万円を超える中古の坪単価に対し、利回りは23区全体(4.7%)に匹敵する高さ。平均占有面積は狭いものの、代々木上原エリアなどの物件は広い住戸も多く流通している。

HISTORY

ハイグレードな低層マンションの集積地

広大な敷地面積を誇る「代々木公園」「明治神宮」(代々木神園町:かみぞのちょう)は、彦根藩井伊家下屋敷跡地。江戸時代は、町奉行所支配(墨引き)上の外周部に位置するところである。 代々木公園は、明治の終わりから終戦までは陸軍練兵場で、戦後は占領軍の住宅地「ワシントンハイツ」の一角として使われた。東京オリンピック開催(1964年)決定に伴って返還運動がおき、本番では選手村として活用。 原宿はファッションの街として知られるが、アメカジの源流は土地活用の変遷にあるとも言われている。

江戸時代、街道と宿場町が物流と経済の集約する動脈だったとすれば、大山道と甲州街道のいずれの沿道にも属さず、墨引きの範囲からも外れた代々木界隈は完全なる郊外として位置づけられた。 昭和初期までは原っぱの広がる風景で、当時の面影をあらわすエピソードとして、明治後期から昭和初期に住んでいた高野辰之作詞「春の小川」(代々木4丁目付近)が挙げられる。 その歌詞からは、現代では想像もつかない宇田川支流ののどかな風景を思うことができる。

一方、地盤の起伏が激しい代々木上原・代々木西原あたりは、明治に入り洋風文化の浸透に伴って牛乳の需要が増加したことから牧畜が盛んになった。 その後、昭和初期になって箱根土地が分譲。現在の高級住宅街が形成された。

樹々と低層の住宅が立ち並ぶ、代々木上原周辺の住宅街

元代々木・富ヶ谷・上原・西原・大山町の住宅街では、その多くが第一種低層住居専用地域に指定。 しかも建築物の敷地面積の最低限度は西原2、3丁目と大山町で松濤に並ぶ200m2、上原で同180m2、元代々木で170m2といずれも渋谷区の中で高い値で定められている。 邸宅街と呼ぶにふさわしい街並みである。

マンションも分譲会社の最上級仕様が採用されるケースも多く、専有面積も広いものが多い。 山手通りの内側に位置する代々木5丁目は代々木公園を見晴らす高台地で、東傾斜地に沿った道に面して立つことから、比較的東向き住戸が比率が高い。

LIFE STYLE

身近な自然から生まれる都市型スローライフ

代々木公園の近くに住むだけで、生活はアクティブになる。緑が薫る中でランニングしたり、大型犬を思い切り走り回らせたり。愛犬を連れて朝の公園を散歩すれば、犬を飼う人同士で会話が弾み、自然と近所に顔見知りが増えていく。

公園は第二のリビングだ。読書をしたり、絵を描いたり、スマホで映画を観たり、時にはやり残した仕事をしたり。明るい空の下、自由気ままに過ごすことができる。カフェと違って何時間でも気兼ねなくいられて、ちょっとうたた寝なんてことをしても問題なし。アウトドアの清々しい空間は、気持ちまで開放的にしてくれる。

広い空と太陽の光を満喫した後は、テラス席のあるレストランでランチ。体に優しい自然食の店が多く、この日は「WE ARE THE FARM」へ。自社農場で生産する無農薬・無化学肥料の元気な野菜は、そのメニューにもたっぷり。朝採りのケールサラダもついて、パワーチャージができる。(撮影協力:WE ARE THE FARM 代々木上原 本店)

代々木上原駅近くの「AELU」は、器のギャラリーとレストランの複合ショップ。ギャラリーには国内外の作家による器が並び、手で触れ、スタッフの話を聞きながら時間をかけて選ぶことができる。この場所に店を開いたのは、大量生産ではない器の価値をわかる人が多いゆえ。一つ一つ表情の異なる器は何気ない日常を豊かにしてくれる。(撮影協力:AELU)

このエリアにはこぢんまりとした商店街がいくつもある。そこには個人で営むセレクトショップやベーカリー、ヘアサロンなど多彩な顔ぶれが軒を連ねている。店主のセンスを感じるおしゃれな店揃いだが、どの店も気取っていなくて温かみを感じるのが共通点だ。初めてでも気後れせずに入っていける、そんな雰囲気が嬉しい。

代々木上原周辺に広がるのは、一戸建てと低・中層マンションからなる住宅街。坂道が多く、歩道が狭いことも多いが、その分、通る人や車は限られていて、静かな環境とプライバシーがしっかりと守られている。もう一つ、歩いて気づくのは、緑のボリューム。植栽にも気を配っている住人が多く、その木々が育って街路樹のような役割を果たしている。家並みに美しく映える緑は、成熟した住宅街の証しともいえる。

住宅街といっても目に映る景色はいろいろ。時間を巻き戻したような鄙びた日本家屋、小さなカフェ、天を衝くモスクの尖塔。多彩な街並みを楽しみながら、時間に追われずに暮らせるのがこの街だ。天気がいいから散歩に行こう。素敵なお皿を見つけたからサラダを盛ってみよう。スローな時間軸に身を置くと、そんなふうに丁寧に暮らしてみたくなる。

Updated on 2019.8.4

TERASS編集部 (ASSET VALUE)

坂根康裕 (HISTORY)

上島寿子 (LIFE STYLE)

一井りょう (PHOTO)