美しく暮らそう。ハイエンド不動産メディア。

青山


“人”が生み出す、洗練された「青山」スタイル

ハイブランドから個性的なセレクトショップまで幅広い店が集まる青山。洗練された街を歩けば、ファッション、インテリア、グルメなどの“旬”に触れられる。一方、住宅地は意外なほど静かで落ち着いた佇まい。街からの刺激を日々受けながら、ゆったりと心地よく暮らす。その中で育まれた住人たちの豊かな感性が、この街を常に磨き続けている。

  • #ANTIQUE LOVERS

  • #BLUE SKY

  • #CUTTING EDGE

  • #RELAXED MOOD

  • #FOLLOW YOUR HEART

ASSET VALUE

占有面積が広め。10年物利回りが高い

HISTORY

住民のライフスタイルが街のイメージを形成した「青山」

LIFE STYLE

住人の審美眼が街の文化を磨いてきた

ASSET VALUE

占有面積が広め。10年物利回りが高い

エリア 青山 広尾 渋谷 神宮前 恵比寿
中古平均坪単価

431万円

533万円

455万円

657万円

416万円

築10年リセールバリュー

104.09

103.09

111.00

171.10

110.59

築10年利回り

4.09%

4.50%

3.90%

3.20%

3.79%

築10年平均占有面積

97.69㎡

89.69㎡

42.29㎡

97.59㎡

81.50㎡

データ提供 : 東京カンテイ

各種データの算出方法


リセールバリューデータの集計条件

2007年4月~2010年3月に新規分譲され、2018年4月~2019年3月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

利回りの集計条件

2016年4月~2019年3月までに発生した中古流通売事例および賃料事例から利回り、平均専有面積を算出。

築10年:築9年超~築12年未満の中古流通売事例と賃料事例。

専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外。

青山エリアのリセールバリューは23区平均(100.0)と比べると高いが、周辺エリアに比べて特出はしてない。物件の平均面積が広いのが特徴で、広い物件を検討している場合には適したエリアと言えるだろう。面積が広いわりに10年物利回りは高め。出回る物件数の少なさが背景にありそうだ。

HISTORY

住民のライフスタイルが街のイメージを形成した「青山」

鷹狩に訪れた徳川家康は、江戸の入り口にあたるこの地(渋谷川の東)の広大な領地を信頼の厚かった重臣・青山忠成に与えた。これが南青山、北青山の地名由来とされている。

その東隣りは、御三家(紀州徳川家、尾張徳川家)と井伊家の御屋敷が集まった「(現 在の)紀尾井町」であることから、軍事的意味合いの強い拝領だったと推察する。もっとも 大山道(現在の「青山通り」)沿いを除けば、辺りは原っぱが広がる風景だったよう。

御屋敷地は、その後分割等を経るも、現代になってその大きな土地だからこそ実現した施設が 継承。「青山学院大学」やその最たるが「青山霊園」である。 霊園に至っては、『政治家 、文人、軍人、実業家、芸能人、科学者等、数えきれない人々が葬られ、さながら日本の近代人物史をなしている』(区の公式サイトより)。

約26haもの広大で緑豊かな墓園を中央に据え、東西両サイドに展開するのが南青山、北青山アドレスだ。

都心居住憧れの 「3A(スリーエー:赤坂・青山・麻布)」の一角だが、出物は少ない印象。北青山3丁目 では再開発が進行(2020年5月完成予定)するも賃貸住戸が中心。大型分譲マンションは出にくい場所である。

晴れの日の青山霊園は散歩にぴったり。都会の喧騒から離れ森の中にいるようだ

青山通りの地下には東京メトロ銀座線が走る。 「表参道」「外苑前」両駅はかつて「青山六丁目」「青山四丁目」であった。現存するは「青山一丁目」だが、赤坂区と称した明治の頃も青山北町一丁目、青山南町一丁目といったので、古今にわたり「青山」は正式な 所在地名ではない。

地勢(地形の意)は、青山霊園の南に向かって窪んでいくが俯瞰すれ ばほぼ平坦に近い。西麻布に向かって地盤が下降するため、青山エリアは総じて日照に恵 まれた碁盤状に道路が整備された理想的な住宅街といえる。 固有の特徴として、大手企業 系列に属しないギャラリー、カフェ、バーが集積。有名無名を問わずクリエーターが有機 的に集まり、そこから生まれた人脈が経済に発展する珍しい土地柄といえる。

ファッショ ンとのつながりも強く、女子大生のライフスタイルを描いた80年代のベストセラー「なんとなく、クリスタル」(田中康夫著)の舞台にもなった。 国内外を問わずハイエンド向けのインテリアブランドがショールームを構えるのも、ここならではの現象といえるだろう

LIFE STYLE

住人の審美眼が街の文化を磨いてきた

青山通りと交差する骨董通りやみゆき通りには、ブランドのブティックが立ち並ぶ。ショーウィンドウを眺めながら歩くのは、この街ならではの愉しみだ。印象的な建築やディスプレーは、さながら街の中のアート。200年近い伝統を持つ英国の紳士靴店さえも、街の景色としっくり馴染みながら輝きを放っている。(撮影協力:Tricker's青山店)

ビルの中にも個性溢れるショップが点在。パレス青山にある「古書 日月堂」はその1軒だ。真っ赤な棚に並ぶのは、19世紀末からの国内外の古書と百貨店の冊子といった紙モノ。グラフィックデザイナーたちが足繁く通い、海外から訪ねてくるお客も多い。ずっと大切にしたい宝物のような店が、この街には溢れている。(撮影協力:古書 日月堂)

さまざまなバックグラウンドを持つ人たちが、自然に集まりゆるやかにつながる。そんな場所も用意されている。「TOBACCO STAND」で出会ったのは、仕事前に一服する人とスペインからの旅行者。朝も、昼も、夜も、おおらかな笑顔が溢れる場所に足を向けると、心が柔らかく解きほぐれていく。(撮影協力:TOBACCO STAND, COMMUNE 2nd)

歴史を刻んだ老舗から話題を集める新店まで多彩な顔ぶれが揃う街では、食事やお茶する場所を選ぶのが楽しい。仕事帰り、あるいは予定のない休日にぶらりと立ち寄れるのは、この街に住む人に与えられたご褒美のようなもの。徒歩圏内に充実した食のスポットがあると、暮らしは俄然豊かになる。

アートが身近なのも青山の魅力。根津美術館をはじめ、アートスポットが無数に存在する。「hpgrp GALLERY TOKYO」はファッション、インテリア、アートなどを手がける「H.P.FRANCE」運営のギャラリー。展示は毎月変わり、この日は八木秀人氏の個展を開催。毎年10月には青参道アートフェアも行っている。(撮影協力:hpgrp GALLERY TOKYO)

モダンで華やかな街でありながら、なぜか歩いていると心が安らぐ。その理由は色にある。ふと見上げたマンションのベージュの外壁、街角にあるビストロの赤レンガ、シガーカフェのダークな壁のコントラスト….。ヴィンテージ感のあるシックな色合いは街路樹の緑にとけ合って、大人に心地いい街並みをつくり出している。

道行く人たちの年齢層はさまざま。この街で起業したり、店を開いたりする若い世代も増えて、新しい価値観が入り込んでいる。緩やかな新陳代謝はまた違った刺激を生み出して、世代を超えて愛される街へと成熟させていく。

この街に魅了されるのは海外の人も同じ。ショップやカフェではさまざまな言語が飛び交う。国際色豊かな街ではあるものの、実は「日本」を感じるスポットも多い。路地で遭遇したのは小さな稲荷神社。ビルの谷間にそっと隠れるように、朱色の鳥居が連なっている。(撮影協力:COMMUNE 2nd)

賑やかな表通りから横道に入ると景色が一変。人通りがまばらになって、穏やかな街並みが広がる。いわば普段着の街の姿だが、それでも洗練を感じさせるところが青山らしさ。住人にとっては、どちらの表情も魅力的だという。

おしゃれでスタイリッシュと言われる青山だが、その土台を支えているのは本当によいものだけを愛する人たちだ。審美眼を持つその人たちのエネルギーは、常になにかしらの変革をもたらし、街をブラッシュアップし続けている。きっとこれからも、この街は時代の先端を軽やかに歩み続けていくことだろう。

Updated on 2019.8.4

TERASS編集部 (ASSET VALUE)

坂根康裕 (HISTORY)

上島寿子 (LIFE STYLE)

一井りょう (PHOTO)